2017総選挙ファクトチェックプロジェクト
スポーツ  投稿日:2016/8/17

ドーピングの誘惑 選手の倫理観は無力

olympia-1535218_640
Pocket

為末大(スポーツコメンテーター・(株)R.project取締役)

スポーツ仲裁裁判所が却下したので、ロシアは国家として正式に陸上競技に出場できなくなった。今や陸上だけではなく、ロシアの他の競技にも組織的ドーピングの疑いがかかっている。国としては自業自得という面もあるが、巻き込まれた選手にとってはたまったものではない。みんな五輪に出たくてたまらないはずだろう。

一方で出場を辞退しているアスリートも多い(テニスゴルフ)。 出たくてしょうがない選手、治安やジカ熱を懸念して出場を辞退する選手。興味深いのは辞退をしたアスリートが、プロ競技の選手であるということだ。彼らとしても五輪は重要なのだろうと思うけれども、いわゆるプロではない五輪競技ではまだ辞退者が出ていないことを考えると、五輪系競技とプロスポーツの間になんらかの違いがあるように思う。

プロスポーツというものはすでにそこに市場が存在している。プレイをするだけで、チームから、または大会から賞金が支払われる。もちろん、スポンサーからの収入も大きいが、彼らは日常的に試合が行われていてそれがメディアを通じて広く知らしめられている。だから仮に五輪に出場しなくても、露出の量にはさほど影響がないし、試合の賞金の面から考えても、スポンサーからの収入を考えても大した影響はないのだろうと思う。

また、プロ選手は、そもそも試合自体が世界中様々な国で行われるのもあって、生まれた国、住む国(試合数が多く年間の半分住まないことも多い)、試合する国、税金を収める国(これは最近は厳しいだろうが)がバラバラであることもある。プロは国家に縛られにくい。

五輪系競技も今では随分と稼げるようになっているが、競技から直接お金がもらえる仕組みがあるものはほとんどない。例えば比較的プロ化している陸上競技であっても、本当のトップ以外は賞金だけで食っていくのは難しい。私であれば、現役時代賞金はだいたい一試合で稼げる額が平均して3000-4000 ドル(当時のレートは120円程度)だった。この中からエージェントに支払い残りが手元に残る。賞金だけで言えば年間300万もあるかどうかだったと思う。私の世界ランキングは5-15位の間を行ったり来たりだった。

五輪系競技にとって大きいのは競技そのものから得られる金銭ではない。五輪や、世界大会で(アマチュア競技は日常の試合が露出されにくいために、五輪での結果の比重が相当大きい)結果を残し、その勝利と名誉を換金することで、スポンサーや国からなんらかの具体的なものが得られる。

特に、中東や社会主義国、ロシアの国では国際的なプレゼンスをあげてくれたということに対しての対価を国家が支払う傾向が強い。金メダル取ったら、階級が手に入るんだと言っていた中東の選手がいたし、家をもらったというキューバの選手がいた。

ドーピングの問題を選手の倫理観で抑制しようとしているように見えるが、勝利への強い圧力がかかる以上(選手だけではなく国家側にも)、防ぐことは容易ではない。今までは投薬中心だからわかりやすかったけれど、これから先の世界は遺伝子ドーピングや、脳へのドーピング、血液ドーピング(すでに存在する)などの世界が待っている。

トップアスリートの精子を精子バンクで購入し妊娠をすることを禁じられるのか。どれも痕跡を探すことが極めて難しい。そして、これからテクノロジーの進化によりそもそも一体何がドーピングなのかを決めること自体が難しくなる。

金メダルを獲得した選手が尊敬され、メダル数を増やした国が尊敬される。人々の記憶に刻まれるということの喜びはとてつもなく大きい。個人にとっても国家にとっても。日本のようにアンチドーピングが根付いている国に生まれたからよかったが、私がそんなものどうでもいいと思っている国の選手であった場合ドーピングを行うことを拒否できたのかどうかよくわからない。国の名誉のためだと言われれば。なんのためにお前をこれまで強化をしてきたんだと言われれば。

アスリートの理想的な意見は”ドーピングはいけません。スポーツの価値を損ないます”でいいだろう。一方で、勝利することへの、記憶に刻まれることへのどうしようもない欲求といかにして向き合うべきだろうか。ちょうど先週、自己実現への欲求と、依存症は深い関係があるんですと聞いたばかりだった。

 

為末大HPより)

Pocket

この記事を書いた人
為末大スポーツコメンテーター・(株)R.project取締役

1978年5月3日、広島県生まれ。『侍ハードラー』の異名で知られ、未だに破られていない男子400mハードルの日本 記録保持者2005年ヘルシンキ世界選手権で初めて日本人が世界大会トラック種目 で2度メダルを獲得するという快挙を達成。オリンピックはシドニー、アテネ、北京の3 大会に出場。2010年、アスリートの社会的自立を支援する「一般社団法人アスリート・ソサエティ」 を設立。現在、代表理事を務めている。さらに、2011年、地元広島で自身のランニン グクラブ「CHASKI(チャスキ)」を立ち上げ、子どもたちに運動と学習能力をアップす る陸上教室も開催している。また、東日本大震災発生直後、自身の公式サイトを通じ て「TEAM JAPAN」を立ち上げ、競技の枠を超えた多くのアスリートに参加を呼びか けるなど、幅広く活動している。 今後は「スポーツを通じて社会に貢献したい」と次なる目標に向かってスタートを切る。

為末大

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."