2017総選挙ファクトチェックプロジェクト
社会  投稿日:2017/10/9

ガラパゴスな日本版GPS衛星

JB171009montanitop
Pocket

文谷数重(軍事専門誌ライター)

【まとめ】

・日本独自のナビゲーション衛星「みちびき」が9月10日打ち上げられる。センチ誤差が実現できる。

・日本周辺でしか使えないシステム受信機は誰も商品化しようとしない為、「みちびき」は普及しない。

・使いもしない「みちびき」事業に投資することは、宇宙開発セクターが儲ける錬金術ではないか。

 

【注:この記事には複数の写真・図が含まれています。サイトによっては全て表示されず、写真の説明と出典のみ記載されていることがあります。その場合はhttp://japan-indepth.jp/?p=36608のサイトで記事をお読みください。】

 

10日「みちびき4号機」が打ち上げられる。三菱重工とJAXAのプレスリリースによると10日午前7時10分打ち上げとされている。

JB171009montani01

▲写真 「みちびき4号機」高さ6.5m、幅2.8m、太陽電池パドル展開時の差し渡し19m。機体質量は約1.6トン、打ち上げ質量約4.0トン。 出典:「みんなのみちびき

「みちびき」は日本自前のナビゲーション衛星である。準天頂衛星と呼ばれるように、日本列島のほぼ真上からサービスできる特徴がある。それにより都市部や山間部でGPSが使えなくなる不便を解消できるとされている。もう一つが測位補強データ(L-6信号)を利用したセンチ誤差の実現である。それにより今後の自動運転や測量等に寄与するものとされている。

JB171009montani02

▲図 準天頂軌道 出典:内閣府「みちびき(準天頂衛星システム)

だが、本当に「みちびき」は役立つのだろうか?

お金の無駄遣いでしかない。そのオリジナルの機能は誰も利用しないし、準天頂衛星そのものも今では無意味となったからだ。

JB171009montani03

▲写真 「みちびき4号機」を打ち上げるH-IIAロケット36号機 第1段機体に固体ロケットブースター(SRB-A)結合。2017年9月13日、14日 出典:三菱重工HP

「みちびき」はガラパゴス過ぎて誰も使わない。特徴となるL6信号による精密測地システムは汎用性がないので普及しない。日本附近でしか使えない独自システムは世界商品には組み込まれないためだ。

高精度の売りとなるセンチメートル単位の測地も活用されない。自動運転のほかは光学等の周辺認識を主要するため必要としないので実用途はない。その上、日本でしか使えないシステムへの投資はないからだ。

 

■ アメリカ市場向けに「みちびき」対応はいらない

「みちびき」は普及しない。まず、これはGPS機器を作る側になれば理解は容易である。日本周辺でしか使えないシステム受信機は誰も商品化しようとしないからだ。

GPS機器は地産地消ではない。世界商品だ。なぜなら求められるのは世界中で使える機材である。日本だけ、アメリカだけでしか使えないシステムは要らない。

さらにメーカーは世界中を相手に作る必要がある。グローバル経済の下では世界市場を相手にしなければならない。特に工業製品はそれが求められる。市場規模が確保できなければスケールメリットを甘受できないからだ。

例えばガーミン(GARMIN)はそれだ。台湾のメーカーだが台湾省の需要だけでは食っていけない。世界中を相手にしなければならない。だからハードは共通にしてソフトで言語切替をする機材を作っている。

チップ等はなおさらだ。さらに携帯電話用等に組み込む汎用GPSユニットやGPS受信チップの会社となれば、一国専用品を作るような無駄はできない。

つまり「みちびき」オリジナルとなるセンチ誤差対応のL-6信号処理を入れる余裕はない。なぜなら日本限りのサービスであること。さらに測地精度として過剰であり万人が必要としない水準性能だからだ。携帯電話にRTK(注1)を入れるようなもので、コスト的に無駄でしかないからだ。

「みちびき」で使われるのは既存機材のコンパチ信号だけだ。実際に「みちびき」対応品を見ても使用信号はL-1、L-2、L-5信号でしかない。これらはアメリカのGPS衛星コンパチであり、いまさら登場しても仕方もないものだ。

つまりは「みちびき」独自のセンチ誤差性能は使われないのである。

これは高級な土木測量器具でも同じだ。ソキア(SOKKIA)のトータルステーションをみても、GPS機能に「みちびき」L-6信号対応はない。あるのは米GPSコンパチのL-1、L-2信号である。標準装備にそのような機能をつければ、その分値段は高くなる。「みちびき」が対応しないエリアでの競争力を失う。いずれはオプションで登場するだろうが、世界市場・世界標準ではないので法外に高くなる。日本人でも買わない。

独自の高性能を作っても製品は普及しない。打ち上げた面子から国の機関や、国の事業へのお付き合いがある民間が馬鹿馬鹿しいことを知りながらイヤイヤ使う程度である。

 

■ 誰も使わない「みちびき」

「みちびき」の精密測地機能は実用途もない。センチメートル単位測地機能があっても、それを利用する産業分野はほとんどない

大抵は今のGPS精度で構わないためだ。大まかな位置をメートル単位で把握する程度でよい。あとはそれとは別に周辺認識で対応する形である。

細部誘導が必要な分野もそうだ。精密部分はカメラ等による光学認識で行われるからだ。自動運転や遠隔施工では、細かい操作は光学、EO(電子工学)、ミリ波、音響による周辺認識である。

逆に、すべてをセンチメートル測地に委ねる方が危険だとも考える。

これは自動車や農業機械、土木重機の動作を考えれば理解しやすい。カメラからの光学情報でやったほうが致命的な間違いは減らせる。

例えば車の自動運転と緊急道路工事への対応だ。片側車線が緊急工事に入っても光学認識なら現状に合わせて車線を変更できる。だが、これをセンチメートル測地だけで動かすと危険だ。事前通知がなければ正確に工事現場に突っ込んでしまう。つまりは「正確に間違える」可能性があるのだ。

自動車以下の世界市場対応でもそうなる。繰りかえすが日本でしか使えないシステムを根幹にあわせて自動車や農機具をつくることはない。当然ながら「みちびき」なんぞ使わない。

ドローンも同じだ。大概の運航なら従来のメートル誤差で十分である。それがセンチ単位となるメリットはない。物資輸送でセンチ単位誤差は不要であるし、航空写真撮影でもセンチ誤差は不要である。

さらにいえば光学等による現状周辺認識は緊急時に強い。事故等で「みちびき」のような衛星測地システムが不調となっても影響を請けないからだ。

そして、それを組み込んだシステムもある。今の巡航ミサイルはGPSも使うが、それがダメになったときに備え、目標突入として画像認識、経路誘導も風景認識が準備されている。後者は夜間でも使えるようにストロボまでつけたミサイルもある。

 

■ 一種の宇宙開発詐欺

「みちびき」打ち上げは一種の宇宙開発詐欺といってよい。使いもしない「みちびき」事業に金を突っ込むことで宇宙開発セクターが儲ける錬金術でしかない。

最初に述べたとおり准天頂衛星のアイデア自体も時代遅れになっている。

JB171009montani04

▲図 準天頂衛星システム整備スケジュール 出典:内閣府「みちびき(準天頂衛星システム)

昔はナビゲーション衛星は少なかった。米GPS衛星は24ヶしかなかったので、タイミングによってはみんな低い高度となり、市街地や山間部では使いにくく、しかも精度にも難が生まれた。

だが、今では衛星は一気に100ヶ程度まで増えた。いつも天頂方向には幾つかの衛星が飛んでいる。ヨーロッパのガリレオ、中国の北斗、ロシアのGLONASSが同様に20ヶ以上ずつ増加したからだ。実際に今の汎用GPSユニットはこれら衛星のデータを纏めて利用できる。だから「天頂方向が」云々はない。

さらにセンチ級誤差も既存機材で実現している。測量ならRTKと呼ばれる受信法を用いれば実現する。誤差データはやや大きくなるものの移動体に適用もデファレンシャルGPSで実用されている。

本来、「みちびき」は整理すべき対象だったということだ。日本は已に貧乏国に陥ろうとしている。金がないのに無駄金を使う余裕はない。

 

注1)リアルタイムキネマティックGPS測量の略。既知点からの補正観測情報携帯電話無線利用して移動局送信し、移動局位置リアルタイム測定する方法

トップ画像:H-ⅡAロケット35号機による「みちびき3号機」打上げの様子。種子島宇宙センター(鹿児島)2017年8月19日 出典/三菱重工HP

Pocket

この記事を書いた人
文谷数重軍事専門誌ライター

1973年埼玉県生まれ 1997年3月早大卒、海自一般幹部候補生として入隊。施設幹部として総監部、施設庁、統幕、C4SC等で周辺対策、NBC防護等に従事。2012年3月早大大学院修了(修士)、同4月退職。 現役当時から同人活動として海事系の評論を行う隅田金属を主催。退職後、軍事専門誌でライターとして活動。特に記事は新中国で評価され、TV等でも取り上げられているが、筆者に直接発注がないのが残念。

文谷数重
文谷数重の注目記事

    copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."