.国際  投稿日:2018/5/6

国が支えるフリースクール フォルケホイスコーレとは? デンマークの「人を幸せにする仕組み」5(上)

JB180505tanakatop
Pocket

田中亜季北欧研究所

【まとめ】

フォルケホイスコーレfolkehøjskole:成人教育機関)の認知度が高まってきた。

・デンマーク等欧州7か国にあり、基本入学試験無学費実質無償。

・入学者の動機は「自分が将来やりたいことを探すため」。

 

【この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されず、写真説明と出典のみ記されていることがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttp://japan-indepth.jp/?p=39858でお読みください。】

 

5月に入り、4月から始まった新しい環境にもそろそろ馴染んできた頃だろうか。はやくも長い休日を待ち望み、自分の将来に不安をいだいている人はいないだろうか。急ぎ足で生きてきたけれど、大人だって将来についてゆっくり考える機会が欲しい。そんな大人のつぶやきを支えるような仕組みがデンマークにはある。

それが、近年の北欧ブームにのって徐々に日本での認知度が高まってきている、「フォルケホイスコーレ(folkehøjskole:成人教育機関)」だ。日本だとフリースクールといえばイメージしやすいだろうか。自然の中の寄宿学校で、クラスメイトと教師が寝食を共にする。ここを「大人のモラトリアム機関」と位置付ける人もいる。

そもそもフォルケホイスコーレは、聖職者であり学者、政治家、詩人でもあったデンマークのグルントヴィが民主主義のための全人教育を構想し、19世紀後半に開校した学校である。

JB180505tanaka101

▲写真 ニコライ・フレデリク・セヴェリン・グルントヴィ Painted by Constantin Hansen

JB180505tanaka102

▲写真 1844年設立の最古のフォルケホイスコーレ photo by Hubertus45

デンマークから端を発した民衆のための学校は、その後、北欧諸国やドイツ周辺の国々に広まった。現在では欧州、スカンジナビア諸国を含む7か国に存在しており、国ごとに教科や授業料、教育制度全体のなかでの立ち位置は異なる。なかでもデンマークのフォルケホイスコーレは、英語での授業を行う学校が多いこと、入学試験がないこと学費が実質無償(※1)であること、と留学生への間口が広い。ちなみに子供を連れて(※2)親子で一緒に学べる学校もある。生徒たちはここで、他者と語り、暮らしながら自分自身を見つめなおす機会を得る。

学校の種類はさまざまある。刺繍やアート、スポーツを学べる学校もあれば、障がいを持つ人々がスポーツに取り組んだり共同生活を送るための学校もある。身体障がいを持つ人のためのフォルケホイスコーレ、「エグモント・ホイスコーレ(Egmont højskolen)」では、サポートが必要な学生が健常者を雇うシステムがある。この学校では、健常者はサポーターとして入学し、ノーマライゼーションが機能している環境で共同生活を送る。

JB180505tanaka103

▲写真 エグモント・ホイスコーレでの様子 出典 Egmont højskolen

JB180505tanaka104

▲写真 エグモント・ホイスコーレでの様子 出典:Egmont højskolen

IPC(International People’s College)」と呼ばれるフォルケホイスコーレは、文字通りインターナショナルな雰囲気の漂う学校だ。通常のフォルケホイスコーレはデンマーク人9割、留学生1と比率が決まっているが、IPCでは留学生の比率は90%を超える。国際交流を重きにおくこの学校では30か国以上の国から学生が集まり、授業はすべて英語で行われる。

JB180505tanaka105

▲写真 学校の外観。此処に教師と生徒が住む(IPCにて)©田中亜季

近年、デンマークのフォルケホイスコーレは、日本人や韓国人の若者に人気だ。「デンマーク 留学」と検索するとすぐにフォルケホイスコーレの名前がヒットするだろう。フォルケホイスコーレの学生から教師になった日本人もいれば、日本でフォルケホイスコーレを開講した地域も(※3)もある。

JB180505tanaka106

▲写真 西ノ島で開催されたホイスコーレ 出典:西ノ島ホイスコーレFacebook

フォルケホイスコーレに通った経験から言えることがあるとすれば、あの学校に感銘を受けるアジア人は多いと思う。フォルケホイスコーレでの体験は、カルチャーギャップそのものだった。「民主主義」を肌で、徹底的に、暮らしながら学んだ。そこのクラスメイトのうちの一人は日本へ一時帰国した後、別のフォルケホイスコーレへと通っている。

デンマーク人のフォルケホイスコーレ利用の理由はさまざまだ。趣味として刺繍を学びにきたり、シニアたちの行く学校では大人たちの休暇を楽しんだり。筆者がフォルケホイスコーレの若者たちに「なぜこの学校に来たのか」と尋ねたところ、「自分が将来やりたいことを探すため」という答えが一番多かった。

デンマークの学生の多くは高校卒業後にギャップイヤーをとり、お金をためて海外へ行く。そんな中、高校卒業後に海外へ行くのではなく、フォルケホイスコーレ進学を選択するのは、就職の難しいデンマークで、今後自分がどの方向へ進みたいのか真剣に考える学生が多いからだとの印象を受けた。

しかし一方で、近年、当のデンマーク人の利用は全体的に減少傾向にあると言われ、国内ではこの幸せな仕組みにも陰りが見えている。

次回は、フォルケホイスコーレに行ってみたいと思った人へのアドバイス「フォルケホイスコーレへの留学はお得?」をお届けしたい。

に続く)

 

※1:学費は無償だが、宿泊費、食費は必要。学校によっては留学生に奨学金が出る。

※2:学校によって、受け入れ基準は異なる。

http://www.danishfolkhighschools.com/prices-and-practical-information/children/

※3:西ノ島で夏の期間にホイスコーレが開校された。

https://www.facebook.com/nishinoshima.hojskole/?hc_ref=ARSVQnTlulBA4ETSzn4HzYV0YIqwb3X1KzWnE-ZlUMMFtUtyWm_4AWJt4CaeeRmWBZI

トップ画像:学校の野外でキャンプファイヤーをしながら語り合う(Krogerupにて)©田中 亜季

Pocket

この記事を書いた人
田中亜季北欧研究所

筑波大学社会・国際学群社会学類卒。日系企業、外資企業での勤務を経て、現在はコペンハーゲンで北欧研究所 Japanordic.comに所属。

田中亜季

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."