無料会員募集中
.政治  投稿日:2016/4/16

陸自の兵器開発は半世紀遅れ その1


清谷信一(軍事ジャーナリスト) 

陸上自衛隊幕僚監部の装備部は20世紀に廃れた時代遅れの兵器、小銃擲弾をわざわざ21世紀になって開発、調達している。

陸自は普通科(歩兵)の手榴弾と81ミリ迫撃砲のギャップを埋める物として18年度末から06式てき(擲)弾、いわゆるライフル・グレネードの部隊配備を開始した。これは、98年度から05年度にかけて防衛省技術研究本部(技本)、ダイキン工業、陸自によって開発されたもので、開発費用は9億円である。生産の主契約社はダイキン工業である。

06式てき弾は全長270ミリ、重量570グラムで、小銃の先端に装着し発射する。通常のライフル・グレネードは射撃時に空砲を使用するタイプが多いが、06式の発射方式は空砲ではなく実弾を使うブレット・トラップ方式である。またライフル・グレネードとしては世界で初めて分離飛翔方式を採用している。このため、発射に際して後方に破片が飛びちらない。直径及び有効射程は公表されていない。

自衛隊が使用している旧式の7.62ミリの64式小銃、および5.56ミリの89式小銃両方で使用が可能となっている。弾頭は対人・対軽装甲用と練習弾の二種類がある。

陸自は世界の小銃てき弾では世界で初めて分離飛翔方式を採用したと自画自賛しているが、鉄道車輛メーカーが21世紀になって最新式の蒸気機関車を開発しました、と胸を張るようなものである。陸自にはそれがどのように珍奇なことなのか自覚がない。

06式てき弾:提供防衛省

ライフル・グレネードは第2次大戦頃に各国で開発され戦後も使用されてきたが、携行型のグレネード・ランチャーが台頭するに従って姿を消し始めてきた。1980年ごろまでには歩兵用の兵器としては旧式化しており、これを21世紀になってわざわざ開発して装備までした奇特な軍隊は他に存在しない。

現在西側では主流になっている歩兵用のグレネード・ランチャーは弾頭の直径が40ミリで、40×46ミリ擲弾と称されている。最初に40ミリの擲弾を導入したのは米軍である。ベトナム戦争で米軍は40ミリの据え置き型のグレネード・ランチャーを投入した。

開発を進めたのは陸軍ではなく、実は海軍である。河川の警備艇を沿岸のジャングルから攻撃してくる敵を制圧する目的で、高初速の40×53ミリ弾を使用するオートマチックのMk19が開発された。最大射程は2000メートル、発射速度は毎分40発程度で、言わば機関銃化されたグレネード・ランチャーであり、極めて高い制圧能力を有していた。40×53ミリ弾はHE弾(榴弾)の場合約半径15メートルの殺傷範囲を有している。

これは後に陸軍でもヘリや車輛、あるいは拠点防御用にも使用されるようになった。海軍に触発された形で陸軍では歩兵用の携行型グレネード・ランチャーが開発された。こちらはより低初速である先述の40×46ミリを採用した。ランチャーとしてはスタンドアローンのM97グレネード・ランチャー、やM16小銃のハンドガード下に装着する、いわゆるアンダー・バレル方式のM203グレネード・ランチャーを採用した。最大有効射程は350メートルでHE弾(榴弾)の場合半径5メートルの殺傷範囲を有している。40×53ミリ弾と40×46ミリ弾に互換性はない。

携行型のグレネード・ランチャーは手榴弾と迫撃砲のギャップを埋めるための兵器であり、小隊あるいは分隊レベルの小部隊の歩兵部隊、あるいは偵察部隊や特殊部隊に大きな火力を与えることなった。また従来の小銃から発射するライフル・グレネードに比べて取り扱いが容易である利点があった。

その後各国でこの規格の弾薬が採用されて、特に90年代から西側のデファクト・スタンダードとなった。対して旧ソ連では30×29ミリ弾を発射するSGS-17のようなオートマチック・グレネード・ランチャーやアンダー・バレル式のランチャーが採用された。

だが、ソ連崩壊後は西側の規格が優勢となった。これはチェコ、ハンガリーなど東側の旧ワルシャワ条約加盟国がNATOに加盟したこともあり、NATOに準拠した規格を採用したこと、世界の兵器マーケットが統合されたことなどの理由が挙げられる。中国はロシアのコピーの30ミリ弾、独自の35ミリ弾と、NATOに準拠した40ミリ弾を使用するグレネード・ランチャーをそれぞれ開発している。

陸自の兵器開発は半世紀遅れ その2に続く。全2回)

*写真1:L-86A2とグレネードランチャー©清谷信一

*写真2:06式てき弾©提供防衛省


この記事を書いた人
清谷信一軍事ジャーナリスト

軍事ジャーナリスト、作家

日本ペンクラブ会員

日本コスト評価学会会員

執筆記事はコチラ

 1962年生。東海大学工学部卒。

軍事関係の専門誌を中心に、総合誌や経済誌、新聞、テレビなどにも寄稿、出演、コメントを行う。

08年まで英防衛専門誌ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー(Jane’s Defence Weekly) 日本特派員。香港を拠点とするカナダの民間軍事研究機関「Kanwa Information Center 」上級顧問。

軍事を主たるフィールドとし、海外取材活動(欧州、中東、南アフリカなど)を活かした国際的な見地に立った著作活動を行う。内外の具体例に基づいた防衛省・自衛隊批評や提言は元防衛庁長官、石破茂氏にも影響を与え、石破氏が長官時代の防衛庁改革ではその指摘の是正が少なからず実現した(三自衛隊の統合運用や特殊部隊、狙撃部隊の創設、陸自の旅団導入、空自の基地警備、海自の地方隊の縮小など)。

自ら起業して、貿易や小売業を手がけており、起業家の視点からの執筆も多い。またサブカルチャーにも造詣が深い。90年代初頭からアニメやマンガなど日本のサブカルチャーの世界進出をいち早く予見、これを国益の観点から論じた。著書「ル・オタク フランスおたく物語」はこの分野の基礎文献となっている。

専門誌はもちろん、右は「正論」から左は「週刊金曜日」まで幅広い媒体にイデオロギーにとらわれず寄稿。また、日経ビジネスオンラインや朝日新聞のWEBRONZA+などのネット媒体にも寄稿。

〔著作〕

  • 国防の死角(PHP)
  • 専守防衛 日本を支配する幻想(祥伝社新書)
  • 防衛破綻 「ガラパゴス化」する自衛隊装備(中公新書ラクレ)
  • ル・オタク フランスおたく物語(講談社文庫)
  • 自衛隊、そして日本の非常識(河出書房新社)
  • 弱者のための喧嘩術(幻冬舎、アウトロー文庫)
  • こんな自衛隊に誰がした!―戦えない「軍隊」を徹底解剖(廣済堂)
  • 不思議の国の自衛隊―誰がための自衛隊なのか!?(KKベストセラーズ)
  • Le OTAKU―フランスおたく(KKベストセラーズ)

など、多数。

〔共著〕

  • 軍事を知らずして平和を語るな・石破 茂(KKベストセラーズ)
  • すぐわかる国防学 ・林 信吾(角川書店)
  • アメリカの落日―「戦争と正義」の正体・日下 公人(廣済堂)
  • ポスト団塊世代の日本再建計画・林 信吾(中央公論)
  • 世界の戦闘機・攻撃機カタログ・日本兵器研究会(三修社)
  • 現代戦車のテクノロジー ・日本兵器研究会 (三修社)
  • 間違いだらけの自衛隊兵器カタログ・日本兵器研究会(三修社)
  • 達人のロンドン案内 ・林 信吾、宮原 克美、友成 純一(徳間書店)
  • 真・大東亜戦争(全17巻)・林信吾(KKベストセラーズ)
  • 熱砂の旭日旗―パレスチナ挺身作戦(全2巻)・林信吾(経済界)

その他多数。

〔監訳〕

  • ボーイングvsエアバス―旅客機メーカーの栄光と挫折・マシュー・リーン(三修社)
  • SASセキュリティ・ハンドブック・アンドルー ケイン、ネイル ハンソン(原書房)
  • 太平洋大戦争―開戦16年前に書かれた驚異の架空戦記・H.C. バイウォーター(コスミックインターナショナル)

〔ゲーム・シナリオ〕

  • 現代大戦略2001~海外派兵への道~(システムソフト・アルファー)
  • 現代大戦略 2002 ~有事法発動の時~(システムソフト・アルファー)
  • 現代大戦略2003 テロ国家を制圧せよ(システムソフト・アルファー)
  • 現代大戦略 2004 ~日中国境紛争勃発!~(システムソフト・アルファー)
  • 現代大戦略 2005 ~護国の盾・イージス艦隊~(システムソフト・アルファー)

 

清谷信一

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."