無料会員募集中
.国際  投稿日:2016/6/6

「ヒラリー神話」もう一度 米大統領選クロニクル その11


 

古森義久(ジャーナリスト・国際教養大学 客員教授)

「古森義久の内外透視」

アメリカ大統領選では民主党側で当初から本命視されてきたヒラリー・クリントン候補の意外な苦戦が目立つ。全国党大会での指名獲得が確実だとされるとはいえ、なお予備選の最終段階でバーニー・サンダース候補に追いつかれ、接戦が続くのだ。

この争いはいよいよ6月7日の大票田、カリフォルニア州などでの予備選で決着がつくともみられている。だがこの8年前の同じ6月7日は同じ大統領選予備選でバラク・オバマ候補に戦いを挑んだクリントン氏が敗北を公式に認めた日だった。

当時の選挙戦では冒頭で圧倒的な人気を誇っていたクリントン氏は必ずアメリカ初の女性大統領になるという一般の期待から「ヒラリー神話」とまで評されていた。その時、この神話が崩れたわけだが、8年後のいま、彼女はいよいよ大統領に向かっての大きな前進を果たすのだろうか。

クリントン候補は今回の一連の予備選では6月5日までに民主党の各州代議員を合計1776人、獲得した。そのほかに予備選枠の外にいる特別代議員計547人からすでに支持を得たという。その結果、合計2323人、全国党大会での指名に必要な全代議員の過半数2383人にわずか60人足りないことになる。カリフォルニア州で勝利すれば、その過半数ラインは軽く超えるわけだ。

だが民主党候補では対抗馬のサンダース上院議員がなお果敢に戦いを挑んでいる。意外や意外の健闘を続け、クリントン候補を破った州も多数ある。6月5日現在のサンダース候補の獲得代議員は合計1547人、そのうち特別代議員は46人に過ぎず、クリントン候補にくらべ、一般の代議員の獲得で善戦してきたことがわかる。サンダース候補はこの獲得代議員の数の差にもかかわらず、なお全国大会まで撤退はせずに、クリントン候補へのチャレンジを続けると宣言している。だからクリントン氏はまだまだ安心できないわけだ。

今回の大統領選では各州の予備選はこの6月7日で終わりとなる。その後に予定されるのは首都ワシントンのコロンビア特別区での予備選だけなのだ。今回の民主党側の指名争いではクリントン候補が各種世論調査での支持率でも、過去の政治歴でも、知名度でも、抜群の強さをみせ、簡単に勝利を確定するとみられていた。だがサンダース候補の予想外の人気の高さに圧倒されるという場面が何度も起きてしまった。この状況は8年前の選挙戦と似た部分がかなり多いのである。

2008年6月7日、ヒラリー・クリントン氏はワシントン市内で演説して、「この大統領選から撤退し、バラク・オバマ候補を支援します」と宣言した。それまで熾烈に戦ってきたオバマ氏との民主党指名獲得の争いでの敗北宣言だった。「ヒラリー大統領」神話の終わりでもあった。

それまでの15年間、国政の中心舞台で常に脚光をあびてきた活力いっぱいの女性政治リーダーの軌跡に区切りをつけた日だった。この区切りは、ビル・クリントン前大統領のその当時の選挙戦での応援の挫折を含めて、一つの時代の終わりをも画していた。 

クリントン候補のこの敗北は同候補の破竹の進撃の軌跡を知る側には信じ難いほどの結末だった。同候補が大統領選への名乗りを正式にあげた2007年2月ごろ、共和党側でさえ「次期大統領は80%以上の確率でヒラリー夫人となる」(ニュート・ギングリッチ元下院議長)という予測が大多数だった。

なにしろ一連の世論調査では、クリントン候補の支持率50%、オバマ候補同20%というような数字が出ていたのだ。クリントン候補には「無敵」という表現が与えられた。「ヒラリーが大統領にならない可能性は考えられない」(ディック・アーミー共和党元下院院内総務)とまで確実視されたから、当時、「ヒラリー大統領誕生」は現実の決まりのように語られていたのだ。

ところが2008年1月はじめのアイオワ州での党員大会から、この「神話」が少しずつ変わっていった。当初は黒人層でさえ支持が少なかったオバマ候補がアピールを驚異的に広げる一方、クリントン候補は支持を減らしていった。神話の侵食だった。

この過程では「女性だから」という要因はふしぎなほど議論の対象にならず、逆に同候補の女性らしからぬ対決調の姿勢がオバマ候補の癒やし風の柔らかな態度の魅力を急速に拡大していったともいわれた。

そもそもクリントン候補は夫が大統領となった1993年1月からホワイトハウスで事実上の閣僚として機能するという異例の動きをとるとともに、政策面でも超リベラルと呼べる過激な路線を示した。国民皆保険の推進がその出発点だった。

このクリントン政権の8年間、ヒラリー夫人はホワイトウォーター事件など自身の疑惑や醜聞にも巻き込まれたが、傷つかず、2001年にはみごと上院議員に転身した。そしていよいよその7年後に女性として初めて主要政党の大統領候補になる寸前まで飛躍したのだった。

この飛躍自体はアメリカ女性の多くにとって社会での「ガラスの天井」を崩すプラス効果をみせつけたといえる。だがその一方、クリントン候補の「私は家庭でクッキーを焼いて満足するような女性ではない」というような言葉が女性の幅広い層までを反発させたあたりにも、そのとげとげしい個性が大統領選に複雑な影を投げたことを示唆していた。

夫のビル氏もクリントン候補を一貫して支援したが、その2人団結しての「クリントン政権」再現への政治活動もついに終幕を迎えたのだった。

以上が「ヒラリー神話」とされた政治大ドラマの終幕だった。それからまた8年、クリントン氏はついに民主党の候補指名を間違いなくつかむのか。6月7日という同じ日についに逆転の現実が起きるのかもしれない。

 


この記事を書いた人
古森義久ジャーナリスト

産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授。1963年慶應大学卒、ワシントン大学留学、毎日新聞社会部、政治部、ベトナム、ワシントン両特派員、米国カーネギー国際平和財団上級研究員、産経新聞中国総局長、ワシントン支局長などを歴任。ベトナム報道でボーン国際記者賞、ライシャワー核持込発言報道で日本新聞協会賞、日米関係など報道で日本記者クラブ賞、著書「ベトナム報道1300日」で講談社ノンフィクション賞をそれぞれ受賞。著書は「危うし!日本の命運」「中・韓『反日ロビー』の実像」「トランプは中国の膨張を許さない!」など多数。

古森義久

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."