.国際  投稿日:2018/7/4

非核化「ヘッカー案」の虚妄

Pocket

島田洋一(福井県立大学教授)

「島田洋一の国際政治力」

【まとめ】

・ヘッカー案は北朝鮮に騙されるロードマップ

・北が本気で協力すれば数か月内の核廃棄は可能

・北の協力なくして非核化なし。外交解決以外の手段考えることに

 

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されず、写真説明と出典のみ記されていることがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttp://japan-indepth.jp/?p=40850でお読み下さい。】

 

北朝鮮の外交攻勢に呼応するかのように、非核化プロセスについて危うい提案が米「専門家」から出てきた。米朝首脳会談(6月12日)を控えた5月28日に発表され、同日付でニューヨーク・タイムズ電子版が大きく報じたスタンフォード大学のジークフリード・ヘッカー教授らが打ち出した非核化「ロードマップ」である。

国務省や日本の外務省も同案に注目していると聞く。日本のメディアや評論家の中にも、十分な精査もせずこれを無批判に受け入れ、「米専門家によれば、非核化に少なくとも10年以上は掛かり、その間一切制裁を緩めないというのは現実的でない」などと論じる人々がいる。

例えばCNNが「尊敬される核科学者」(respected nuclear scientist)と紹介するヘッカーだが、過去に北の招きで4回訪朝し、核開発の順調な進展ぶりを「専門家」として裏書きする発言を繰り返してきた。北の「核強国」アピールに(意識的にせよ無意識的にせよ)協力してきた学者である。

JB180704shimada01

▲写真 ジークフリート・S・ヘッカー教授 出典:Stanford CISAC

ヘッカーはまた、純粋に科学者としての業績はともかく、後で触れるように政治的には北朝鮮の主張を過度に尊重することで知られた人物である。

ヘッカー案は次のように要約できる。第一段階として原子炉等の停止に1年(その間、核兵器やミサイルは現状維持)、第二段階として原子炉等の解体に2年から5年(その間、核兵器は申告および削減、ミサイルは申告および無力化)、最後に第三段階として核兵器とミサイルの廃棄に6年から10年、すなわち非核化」全体で早ければ10年、恐らく15年以上は掛かる-。

ちなみに、核問題の分析でやはり著名なワシントンのシンクタンク、科学国際安全保障研究所(ISIS)のデヴィド・オルブライト所長は、「不必要にプロセスを引き延ばすべきではない」とヘッカー案を批判し、「2、3年以内に(within a few years)すべての申告された核兵器とプルトニウム、濃縮ウランを検証可能な形で除去でき、すべての中心的な施設を特定し無力化することもできる」と主張し、独自のロードマップをホームページに掲げている。米「専門家」の意見を参照するというなら、こちらも取り上げねばアンバランスだろう。(参照:Institute for Science and International Security

JB180704shimada02

▲写真 デヴィド・オルブライト氏 出典:Subcommittee on Terrorism, Nonproliferation, and Trade via the Library of Congress

オルブライトは、北が協力するかどうかは「ビッグ・イフ」だが、非核化ロードマップはあくまで協力を前提に作り提示されねばならないという。そして北に協力の意思がないなら、いくら時間を掛けてもそもそも非核化など実現しないとも強調する。その場合は外交解決以外の手段を考えることになろう。正しい認識及び態度である。

いずれにせよ、核ミサイルの脅威の除去という「朝鮮半島非核化」本来の趣旨に即せば、核兵器そのものや中・長距離ミサイルの誘導装置など脅威の中核部分の廃棄(一括して海外搬出が理想)に精力を傾注し、最優先で取り組まねばならない。

JB180704shimada03

▲写真 北朝鮮の弾道ミサイル 火星15号 出典:Missile Threat CSIS

2003年から翌年に掛けて大量破壊兵器の完全廃棄を実現した、いわゆるリビア・モデルの場合、独裁者カダフィが核放棄を正式表明してから、米軍の大型輸送機が核施設・ミサイルの中核部品をすべて海外搬出するまで約1か月しか掛かっていない。量的にリビアを遙かに凌ぐ北朝鮮の場合でも、北が本気で協力するなら数か月以内に作業を完了できよう

7月1日にボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)が米CBSテレビのインタビューで、「北朝鮮が既に戦略的決定を行い、かつ協力的であるならば、物理的には、彼らの核計画の圧倒的部分を1年以内に(within a year)廃棄できる」と述べたのはその意味である。

JB180704shimada04

▲写真 ジョン・R・ボルトン 出典:flicker Photo By Gage Skidmore

ヘッカーは、ボルトンらの主張するリビア・モデルは「降伏シナリオ」であり、金正恩が同意することはあり得ないと一蹴する。

また核兵器の解体は実際に製造した北朝鮮技術者が行わねばならず、海外搬出という案は「ナイーブかつ危険」だとこれまた一蹴する。北の専門家に手順を教えられれば、他国の核技術者でも十分対応できると思うが、仮に特殊な安全の問題があるとしても、北の技術者共々海外に移してから作業すれば「朝鮮半島の非核化」事態は速やかに実現する。

しかし、ヘッカーはなぜか、北の国内で北の技術者のみが一つ一つ時間を掛けて解体する方式にこだわる。

その理由は結局、北に対する「政治的配慮」である。ヘッカーは、自らの安全を確信できるまで金正恩が核兵器を放棄しようとしないのは当然とし、「共存と相互依存」の関係をまず作り上げねばならないという。すなわち対北制裁を解除し、貿易や投資を拡大することが、非核化プロセスの前提というわけである。確実に北朝鮮に騙されるロードマップだと言えよう。

トップ画像/ジークフリート・S・ヘッカー教授 出典:The Official CTBTO Photostream

Pocket

この記事を書いた人
島田洋一福井県立大学教授

福井県立大学教授、国家基本問題研究所(櫻井よしこ理事長)評議員・企画委員、拉致被害者を救う会全国協議会副会長。1957年大阪府生まれ。京都大学大学院法学研究科政治学専攻博士課程修了。著書に『アメリカ・北朝鮮抗争史』など多数。月刊正論に「アメリカの深層」、月刊WILLに「天下の大道」連載中。産経新聞「正論」執筆メンバー。

島田洋一

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."