朝鮮半島情勢ー金正恩の真の狙いとはー
.国際  投稿日:2019/5/1

唯一まっとう弁護士マギャン トランプ政権「行く人来る人」列伝6


大原ケイ(英語版権エージェント)

「アメリカ本音通信」

【まとめ】

・トランプ政権で働いた唯一まともな弁護士はドン・マギャンぐらい。

・マギャン証言により、トランプの司法妨害に疑いの余地なしが明白に。

・トランプからの非難に、マギャンは「自分は『本当の弁護士』」と反論。

 

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されないことがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttps://japan-indepth.jp/?p=45545でお読みください。】

 

ドン・マギャン(元ホワイトハウス法律顧問)

 ロシア政府との癒着度:★

 ドナルド・トランプとの親密度:★

 任務に対して有能か: ★★★★★

 任期を全うできそうか:(既に昨年10月辞任)

 

現ホワイトハウスで働いた唯一まともな弁護士はドン・マギャンぐらいだろう。なぜなら彼はドナルド・トランプの旧知の友として雇われたわけではなかったからだ。ホワイトハウス法律顧問というのは「大統領府という職務」付きの弁護士であって、トランプ個人を守るためにそこにいるわけではない。マギャンがホワイトハウスに務めた20ヶ月間、とうとうトランプはそのことを理解できなかったようだ。

▲写真 トランプ米大統領(2019年4月26日)出典:The White House

もともとマギャンは共和党委員会の法律顧問で、2008年にジョージ・W・ブッシュ大統領により連邦選挙委員会のメンバーとして保守寄りの政策を後押しするのに尽力していたが、2013年に共和党御用達の法律事務所であるジョンズ・デイに移籍した。この法律事務所はロシアの新興財閥を多くクライアントとして抱えていることで知られていた。

大統領選挙の際、選挙法に詳しい弁護士がいなかったので保守シンクタンクの勧めによってトランプ陣営に送り込まれ、当選とともにホワイトハウスの顧問弁護士に収まった。トランプ大統領が指名した2人の最高裁判事の人選をしたのもマギャンだった。外交にも政策にも疎く、富裕層に有利な税制改革以外これまで具体的な手柄のないトランプだが、最高裁判事を2人も送り込めたのはマギャンの人脈と入れ知恵の賜物といっていいだろう。

昨年8月、トランプ大統領は唐突にマギャンが辞任することを発表したが、それまでにも何度も衝突があったことがマスコミによって伝えられた。例えば2018年の春に、トランプは元対立候補だったヒラリー・クリントンと、自分がクビにした元FBI長官のジェームズ・コミーを起訴してやりたいとマギャンに相談したが、大統領が勝手に起訴することは違法だし、調査を依頼することも職権乱用に当たり、弾劾という引き金を引くことになりかねないとマギャンが警告して思いとどまったという。

▲写真 ロバート・マラー特別検察官 出典:Wikimedia Commons; Public domain

先日公表された「マラー報告書」では150回以上に渡ってマギャンの発言が引用されており、そこでもマギャンはトランプが自分に何度もcrazy shit(狂った世迷言)、つまりは調査の妨害をさせようとしたと書かれている。その中には司法長官代理のロッド・ローゼンスタインをクビにし、そこに引責しているジェフ・セッションズ司法長官を帰り咲かせ、マラー特別検察官の調査は「これまでの」ロシア介入ではなく、「これからの」介入を阻止する調査に切り替えさせる、というアイディアを思いついて、マギャンの自宅に朝っぱらから電話をかけたトランプのことも書かれている。これにはマギャンも「そんな指示に従うぐらいなら辞任する」と突っぱねた。

そこまでトランプ政権の内情を知り尽くした上で辞任していったマギャンだったが、彼がマラー特別検察官の前で証言するように召喚された時、なぜかトランプ大統領はそれを許した。おそらく浅はかにも、ホワイトハウスにいた頃のように、マギャンが偽証をしてでも自分を守ってくれると思ったのだろう。

だがマギャンはマラー特別検察官の前で偽証をするほど愚かな弁護士ではなかった。調査報告書が開示されてみれば、マギャンの証言によってトランプの司法妨害に疑いの余地はないことが明らかになったというわけだ。

さっそく米議会下院の司法委員会のジェロルド・ナドラー委員長(民主党)はマギャンに対し召喚状を発行した。本来、弁護士とクライアントとの会話はexecutive privilege(執行特権)と言って召喚されても秘匿できるのだが、マギャンがマラー特別捜査委員会に召喚された時にトランプ側がこれを発動しなかったため、今さら執行特権を行使できないことになっている。

▲写真 ジェロルド・ナドラー米下院司法委員長(民主党)出典:Wikipedia; Public domain

トランプ個人の顧問弁護士だったマイケル・コーエンが2月に同じ司法委員会に召喚されて証言した時、トランプを庇おうとする共和党議員はこぞって、コーエンが既に偽証罪で起訴されている事実を挙げ「嘘つきの言うことは信用できない」と攻撃した。だが、マギャンが司法委員会の席で赤裸々にトランプの司法妨害行為を証言したら、共和党議員は彼を攻撃する材料がない。マラー報告書にも次のようなやりとりが書かれている。

「大統領は、マラー特別検察官を排除するようにマギャンに伝えたことを、なぜ特別捜査委員会に報告したのか聞いた。マギャンはそうせねばならなかったこと、そして自分と大統領の会話は弁護士とクライアントの執行特権に当たらないと答えた。すると大統領は『そのメモはなんだ?なぜメモを取るんだ?弁護士はそんなことしない。そんなことをする弁護士を雇ったことはない』と言った。マギャンは、『自分は“本当の弁護士”だからメモを取るのであって、記録を残すのは悪いことではない』と答えた。大統領は『私にはロイ・コーンのような素晴らしい弁護士もいた。彼はメモを取らなかった』と言った」

トップ写真:トランプ政権の法律顧問をドン・マギャン弁護士 出典:Flickr; Gage Skidmore


この記事を書いた人
大原ケイ英語版権エージェント

日本の著書を欧米に売り込むべく孤軍奮闘する英語版権エージェント。ニューヨーク大学の学生だった時はタブロイド新聞の見出しを書くコピーライターを目指していた。

大原ケイ

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."