無料会員募集中
.国際  投稿日:2021/8/22

新型コロナに関する中国フェイクニュース


古森義久(ジャーナリスト・麗澤大学特別教授)

「古森義久の内外透視」

【まとめ】

・新型コロナの発生源について、中国主要メディアが虚偽の情報を流した。

・発生源をめぐる論議の中で中国メディアが取り上げた学者は、実在しないことが明らかに。

・中国メディア全体の信憑性にも疑問符がつく。

 

中国のフェイクニュースとはこういうことなのか。

中国当局は新型コロナウイルスの発生源の論議となると、ここまでのどぎつい虚報までをも平然と流すということなのか。

こんな現実を実感させられる出来事が起きた。中国の主要官営メディアが正面からの虚構の話を実際のニュースのように大々的に報じたのだった。そのテーマは中国当局がいまおそらく最も気にかける新型コロナウイルスの発生源だった。

事の発端は7月下旬の中国の国営中央テレビの国際放送CGTNや官営新聞の環球時報の英語版グローバル・タイムズの報道だった。この両メディアとも中国共産党政権の対外発信には最も頻繁に、なおかつ最も権威ある媒体として機能することは広く知られてきた。

今回のその報道の骨子は以下のようだった。

 ・スイス人の権威ある生物学者ウィルソン・エドワーズ氏が「コロナウイルスの発生源に関してアメリカは世界保健機関(WHO)に対して不当な圧力をかけている」と言明した。

・エドワーズ氏は「アメリカはコロナウイルスの発生源について中国を攻撃することの妄想に取りつかれているため、科学的な事実やデータを客観的にみることができなくなったのだ」とも言明した。

 ・エドワーズ氏はさらに「バイデン政権はWHOに対する影響力を増そうとして、いまや露骨にその幹部たちに圧力や脅しをかけて、コロナウイルスは武漢ウイルス研究所から流出したという根拠のない説を受け入れさせようとしている」とも述べた。

以上の中国側の報道の背景には新型コロナウイルスの発生源について、中国側が動物からの人間への自然感染説を唱えるのに対して、アメリカ側の複数の機関の調査では武漢ウイルス研究所からの流出だという説が強まってきた、という実態がある。

もっとも中国政府はこの自然感染説を裏づける発生源の動物の発見に全力をあげ、コウモリ数万匹をも捕獲して、ウイルス保有の有無を調査したが、これまで一匹もウイルス保有の例は報告されていない。

▲写真 調査のため武漢華南海鮮卸売市場を訪れるWHOの視察団(2021年1月31日 武漢) 出典:Photo by Getty Images

一方、アメリカ側の調査では武漢市の中枢にある国立武漢ウイルス研究所では年来、コロナウイルスの感染力を強める実験や作業が実施されてきたことが中国側の公式記録でも確認されたとしている。

中国側はこのアメリカ側の主張に対して一貫して否定の態度を貫き、その主張はむしろ中国を貶めるための陰謀だなどという反論を展開してきた。

だから中国側としてはこのスイスの著名だとされる生物学者の見解は力強い応援となるわけだ。

ところがである。

スイス政府がそんな名前のスイス人学者は実在しない、と言明したのだった。

ワシントン・ポストの北京発の報道によると、北京のスイス大使館は8月10日、公式の声明を発表し、「中国のメディアが広範に報じたウィルソン・エドワーズというスイス人学者は存在しない。スイス側の住民登録にも記載はない」と述べたのだった。

そのうえで在中国スイス大使館は「そんな人物がもし実在するのならば、ぜひ会ってみたい」とまで述べて、「この情報はフェイクニュースとしか思えないから、それを報じた中国側のメディアに対しては記事の削除を求めたい」と言明していた。

すると、中国側のメディアはすぐにこの記事や報道を削除したのだという。

中国の官営メディアはこれほどのフェイクニュースを堂々と流すという実態の例証だった。だから日ごろ山のように情報を発信する中国メディア全体が真のメディアとしてはどれほどの信憑性があるのか、今回の出来事は貴重な指針になるといえるだろう。

トップ写真:武漢ウイルス研究所での研究の様子(2020年2月4日 武漢) 出典:Photo by TPG/Getty Images




この記事を書いた人
古森義久ジャーナリスト

産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授。1963年慶應大学卒、ワシントン大学留学、毎日新聞社会部、政治部、ベトナム、ワシントン両特派員、米国カーネギー国際平和財団上級研究員、産経新聞中国総局長、ワシントン支局長などを歴任。ベトナム報道でボーン国際記者賞、ライシャワー核持込発言報道で日本新聞協会賞、日米関係など報道で日本記者クラブ賞、著書「ベトナム報道1300日」で講談社ノンフィクション賞をそれぞれ受賞。著書は「ODA幻想」「韓国の奈落」「米中激突と日本の針路」「新型コロナウイルスが世界を滅ぼす」など多数。

古森義久

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."