2017総選挙ファクトチェックプロジェクト
国際  投稿日:2017/10/28

北朝鮮の脅威はどの程度? 金王朝解体新書その13

JB17102802hayashitop
Pocket

林信吾(作家・ジャーナリスト)

「林信吾の西方見聞録」

【まとめ】

・北朝鮮軍は装備が旧式で、「動く軍事博物館」とまで言われている。

・しかし、多数の重砲が火を噴いた場合、ソウルは火の海となる可能性がある。

・NBC(核兵器、生物兵器、化学兵器)の存在が米を脅かす交渉カードとなっている。

 

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されず、写真の説明と出典のみ記載されていることがあります。その場合はhttp://japan-indepth.jp/?p=36906で記事をお読みください。】

 

なぜか総選挙で与党の宣伝に利用されている「北朝鮮の脅威」だが、本当のところ、朝鮮人民軍(以下、北朝鮮軍)は、どのくらい強いのだろうか。

『ミリタリー・バランス』などによれば、北朝鮮軍は現役120万の兵力を擁しており、韓国軍(65万)と在韓米軍(2万5000)、さらには自衛隊(25万)を全部合わせたよりも多い。

なにしろ、17歳になると男女ともに徴兵され、兵役期間も部隊によっては10年に達する(一説によれば、女性は最大7年)。

加えて、予備役が470万人、労農赤衛隊と呼ばれる民兵が350万人、保安部隊が20万人近くおり、国民皆兵の体制が確立されている。規模の点では、中国人民解放軍に次ぐ世界2位だ。

とは言え、逼迫する経済事情の中、現役部隊も道路工事や漁業に動員されているというのが実情で、後で触れる特殊部隊を別として、練度はあまり高くない。

それにもまして深刻なのが、装備の旧式化である。本シリーズではすでに、潜水艦戦力に着目し、保有数だけ見れば世界一であるが、第二次大戦の遺物のような艦がいまだ現役に留まっているなど、あきれるほどの旧式ぶりであると述べた。

一事が万事という言葉があるように、陸軍や空軍の装備についても、各国の軍事専門家の間では、「動く軍事博物館」などと評されている。

陸軍の例をひとつ挙げれば、牽引式の大砲3500門に加え、戦車の車体を利用した自走砲4400輛、さらに多数の多連装ロケット砲を備えており、うち600ないし1000門は、38度線の北側からソウルを直接狙えるほどの射程距離を持つとされる。数が曖昧なのは、多連装砲の数え方によるものだろう。いずれにせよ、ものすごい数だ。

ところが、対砲レーダーがない。対砲レーダーとは耳慣れないが、敵から砲撃を受けたような場合、弾道を解析して瞬時に発射地点=砲の位置を割り出せるもので、これにより、味方を効率よく敵の砲兵陣地に集中できるのである。逆に言うと、これがないということは、現代的な砲撃戦では勝ち残れない、ということを意味する。

JB17102802hayashi01

▲写真 陸上自衛隊 対砲レーダ装置 JTPS-P16(牽引移動状態)

軍事用語では火砲や戦車、航空機などを「正面装備」と呼ぶのだが、正面装備だけがいくら立派でも、レーダーや各種の情報収集機器が貧弱では、戦力として十全に機能することは期待できない、というのが現代の軍事学の常識なのだ。

端的に言うなら、双眼鏡で敵を探す側と、レーダーのみならず、無人機や人工衛星からの情報を常時タブレットで見ることができる側とでは、どちらが有利か子供でも分かる。

空軍や対空装備にしても同様で、8000門の対空砲(地対空ミサイルを含む)を並べて米軍の爆撃機を迎え撃つ体制だ、などと言われているが、これまたすでに報じられた通り、電力不足でレーダーがまともに稼働しておらず、米軍機の接近を探知できなかったという体たらくだ。もはや「動く軍事博物館」などと評したなら、各国の軍事博物館からクレームが来そうな話である。

それでは、北朝鮮軍の本当の脅威とはなんであろうか。まず指摘しておきたいのは、潜水艦の話でも触れたが、「旧式だから脅威にはならない」という議論は成り立たない、ということである。

38度線の北側から、多数の重砲が火を噴いたような場合、韓国軍と在韓米軍は、対砲レーダーを駆使して、集中砲火と空爆により短時間で沈黙させ得る。しかし、沈黙した時点でソウルは火の海となっている可能性が高いのだ。

第2に、北朝鮮側が、通常兵器では米艦に勝てないことをよく知っている、ということで、その認識があるからこそ、核開発に血道を上げているわけだが、これと並んで、生物・化学兵器の存在も見逃せない。

核弾頭については、すでに弾道ミサイルに搭載できるレベルまで小型化に成功していると見る向きと、まだそのレベルには到達していない、と見る向きがあって、確定的なことは言えないのだが、サリンなど有機リン系の毒ガスは確実に有している。

さらに、兵士の練度は低いと述べたが、8万人とも10万人とも言われる特殊部隊は話が別だ。『シュリ』という建国映画に描かれていたが、生命の危険など顧みない過酷な訓練を課され、米軍情報部からも「東洋のランボーたち」と評されるほどの戦闘スキルを身につけているという。

しかもこの部隊は、敵の侵攻を受けた際にゲリラ戦で対抗する、という目的ではなく、指導者の命令一下、秘匿された地下トンネルや小型輸送機などを用いて韓国領内に侵入し、破壊工作を行うために編成されている。

人口やGDPで見れば、決して大国とは言えない北朝鮮が、120万人もの現有兵力を有しているというのも、かの国が「南進統一」思想を放棄していない証拠と言える。

武力占領を継続するためには、占領地の人口の1%程度の兵力が必要だとされるのだが、これを南北朝鮮に当てはめると、120万の兵力で南進したならば、たとえ戦闘で半数が失われても、残存兵力60万以上で人口6000万の韓国を占領できる。一応、計算は合っているわけだ。

もちろん、現在ろくに食べていない北朝鮮軍に、韓国全土はもとよりソウルを占領する力などないことは、当の北朝鮮軍指導部も、よく分かっている。

以上を要するに、今や北朝鮮にとっては、NBC(核兵器、生物兵器、化学兵器)の存在だけが、米国を脅かす交渉カードとなっているわけだ。

さらに、政治的駆け引きでも、北朝鮮は侮りがたい。念のため述べておくが、私がそれを評価しているわけではなく、遺憾ながら認めざるを得ない、という話である。具体的にどういうことかは、次稿で。

トップ画像:北朝鮮の戦車 2013年7月戦勝記念日の軍事パレード flickr/Stefan Krasowski

Pocket

この記事を書いた人
林信吾作家・ジャーナリスト

1958年東京生まれ。神奈川大学中退。1983年より10年間、英国ロンドン在住。現地発行週刊日本語新聞の編集・発行に携わる。また『地球の歩き方・ロンドン編』の企画・執筆の中心となる。帰国後はフリーで活躍を続け、著書50冊以上。ヨーロッパ事情から政治・軍事・歴史・サッカーまで、引き出しの多さで知られる。少林寺拳法5段。

林信吾

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."