.国際  投稿日:2018/1/17

戦前から続く忠犬ハチ公の国際親善 「ヘレン・ケラーとハチ公展」NYで開催

1
Pocket

トップ写真:「ヘレン・ケラーとかみかぜ」(「ヘレン・ケラーとハチ公展」より)
©Perkins School for the Blind

 

井上麻衣子(ジャーナリスト/ビデオグラファー/ストリート・フォトグラファー) 

 

【まとめ】

・NYで「ヘレン・ケラーとハチ公展」が開催。

・1937年来日したケラーは秋田犬を初めてアメリカに連れ帰った。

・秋田犬は米国でも大人気、今後両国の絆を深める役割を果たすだろう。

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されず、写真説明と出典のみ記されていることがあります。その場合はhttp://japan-indepth.jp/?p=38061 サイトでお読み下さい。】

 

ニューヨーク、マンハッタンの日本国総領事館では、戌年にちなんでか、一風変わった展覧会が開かれている。会場に入るとまず目に止まるのは、ハチ公像の鼻を愛おしむように撫でながら微笑む女性の姿をとらえた一枚の写真。タイトルは「渋谷駅でハチ公像に触れるヘレン・ケラー」。

 

三重苦を乗り越え、社会福祉家として名を馳せたヘレン・ケラーと、帰らぬ人となった飼い主を渋谷駅で待ち続けた忠犬ハチ公。どちらも世界的に有名な存在だが、このヘレン・ケラーとハチ公の「特別な関係」を知る人は、そう多くはないだろう。

 

この「ヘレン・ケラーとハチ公展」の仕掛人は、おととしニュージャージー州のペット霊園にお目見えした忠犬ハチ公と上野教授の銅像建立に尽力した由美・マクドナルドさん。(関連記事)1930年代、渋谷駅で上野教授を待つハチ公を毎日目撃していたという母の思い出話をまとめ、著書「Reminiscence of Shibuya(追憶の渋谷)」を記した在米の文筆家だ。

 2 

写真)「Reminiscence of Shibuya(追憶の渋谷)」由美・マクドナルド氏著
出典)Yumi’s Culture Blog

 

由美さんは著書の中で、ヘレン・ケラーとハチ公の絆について興味深い逸話を紹介している。

OK1

写真:会場を訪れた人と談笑する「由美・マクドナルドさん」
©Japan In-depth編集部

 

 1937年、日本の福祉向上のために初来日したヘレン・ケラーは由美さんの伯母が通う津田塾大学で講演を行う。その際、ヘレン・ケラーは、江戸時代の全盲の学者、塙保己一(はなわ・ほきいち)を手本として努力したことを語り、渋谷にある美術館で塙保己一の銅像に触れることができ、本当に嬉しかったと語ったという。

そしてもう一つ、へレン・ケラーが楽しみにしていたのが、渋谷のハチ公像。来日の2年前に亡くなった忠犬ハチ公の物語はアメリカでも話題で、その忠実さに心を撃たれたというヘレン・ケラーはずっとハチ公像に触れることを心待ちにしていたのだ。

4

写真:「渋谷駅のハチ公像に触れるヘレン・ケラー」(ヘレン・ケラーとハチ公展より)
©Japan In-depth編集部

 

この後、秋田県まで出向き、秋田犬をプレゼントされたヘレン・ケラー。「かみかぜ」と名付け、アメリカ、ニューヨークの自宅に連れ帰っている。これが初めてアメリカに渡った秋田犬である。今回展示された写真には、ニューヨークの自宅の庭で「かみかぜ」と戯れるヘレン・ケラーが写し出されている。(トップ画像)

 

会場には、この他、ハチ公像再建の除幕式の写真が掲載された「毎日グラフ誌」や、日本滞在時のヘレン・ケラーの日程表や手紙、1930年代の東京の写真や当時の児童書や人形など、当時を忍ばせる品々が集められ、由美さんの母が実際に見聞きした忠犬ハチ公とヘレン・ケラーの絆を物語っている。

5
写真:展示物 (「ヘレン・ケラーとハチ公展」)
©Japan In-depth編集部

1月11日に開かれたお披露目会で由美さんは、「1930年代の東京はニューヨークに継ぐ大都市で外国人も多く、とても国際的な町だった」と語り、「そんな東京を訪れたヘレン・ケラーは、『ハチ公、そして秋田犬は今後日米の絆を深める役割を果たすだろう』と予想していた。こうしてハチ公をきっかけとした日米親善が進んでいることを嬉しく思う。」と語った。

 

ヘレン・ケラーが来日した1937年と言えば日中戦争が始まった年である。やがて第二次世界大戦へと向かう時代の流れを前に、ヘレン・ケラーは日米間の交流の必要性を感じていたのかもしれない。

 

会場に駆けつけた秋田犬専門のレスキュー団体関係者は、「私も今2匹の秋田犬を飼っているが、雨が降っても雪が降っても、私が帰宅する頃には外に走り出て、待っている」とし、ヘレン・ケラーを魅了した秋田犬特有の忠実さと賢さを讃えた。

 

また、1905年の設立以来、視力障害者の生活向上を進めてきた福祉団体、ライトウスの副社長アッカーマン氏は「視力障害者と犬の絆は深く、長い歴史がある」とし、「このようなイベントを通じ、さらに様々な業界同士が協力できる関係が拡大していくのは素晴らしいことだ」と述べた。

 

OK2
写真:会場の様子
©Japan In-depth編集部

 

母から受け継いだ忠犬ハチ公の物語を元に、日米親善に日々邁進している由美さん。次なる目標は、この春に向け企画中の「ハチ公ツアー」だ。ハチ公像のある渋谷駅周辺や、東京大学、上野教授の眠る青山霊園から秋田県大館市にあるハチ公の生家など、ハチ公ゆかりの地を巡るツアー。秋田名物きりたんぽ鍋を食べたり、プーチン・ロシア大統領に贈られた秋田犬を育てたブリーダーの元を訪問するなど、アメリカの秋田犬愛好家たちはもちろん、日本に興味を持つアメリカ人が興味を持ちそうな特別なツアーになりそうだ。

 

ヘレン・ケラーとハチ公展」の在ニューヨーク日本国総領事館での展示は1月25日まで。その後、展示品の一部はロサンゼルスのジャパン・ファンデーションで展示された後、白根記念渋谷区郷土博物館・文学館に寄贈される。

【訂正】本記事(2018年1月17日初掲載)中の下記写真2点を差し替えました。

・写真:会場を訪れた人と談笑する「由美・マクドナルドさん」
・写真:会場の様子

Pocket

この記事を書いた人
井上麻衣子ジャーナリスト/ビデオグラファー/ストリート・フォトグラファー

 Maiko Inoue 
■ジャーナリスト   ■ビデオグラファー   ■ストリート・フォトグラファー
フジテレビの情報番組、ドキュメンタリー番組のディレクターとして15年間、取材、撮影。
2012年からは同局のニューヨーク支局駐在員として、北米各地で活動し、2016年8月に独立。
フリーのジャーナリストとしてニューヨークを中心に取材、撮影を行うなど、これまでに世界40カ国以上で活動している。
 
EXPERIENCE
◆フジサンケイ・コミュニケーションズ・インターナショナル(フジテレビNY支局)2012.8-2016.8
-ディレクターとして北米を中心に取材、撮影、中継。
(ボストンマラソンテロ事件、オクラホマハリケーン、オハイオ州少女3人監禁事件などの事件。
 ニューヨーク在住史上最年少で最難関ルートを制覇したロッククライマー白石阿島選手密着等)
 
◆フジテレビ東京本社 1997.4-2012.7
-情報番組「とくダネ!」「めざましテレビ」等のディレクターとして日本および世界各国にて取材、撮影
(東日本大震災の世界各国反応、チェルノブイリ、ロンドン五輪取材等)
-特別番組サイエンスミステリー「頭部結合双生児クリスタとタチアナ」ディレクターとしてカナダにて3年越しの取材、撮影
 
MY WORKS 
              
SKILLS
-撮影: Canon VIXIA HF G20/
Canon EOS 100D
-編集: Final Cut Pro/Avid /Photoshop
-語学: English, Japanese, Spanish
 
EDUCATION
-コロンビア大学大学院修士取得Master of Public Administration
-同大学ジャーナリズムスクールにてNews photographyを学ぶ
-東京外語大学ロシヤ東欧語学科卒
 
 
 

井上麻衣子

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."