.政治  投稿日:2018/7/21

「改憲に向けて、国会でのより深い審議を」根本匠衆議院議員

Pocket

「細川珠生のモーニングトーク」2018年7月14日放送

細川珠生(政治ジャーナリスト)

Japan In-depth 編集部(小俣帆南)

【まとめ】

・今国会での改憲議論は不十分、国民投票実施に向けて話し合うべき課題は山積。

・憲法は時代に合わせて常に議論されるべきもの。国民に理解を求める為により深い審議不可欠。

・野党の頑なな態度が議論が進まない一番の原因。

 

7月22日まで会期が延長された通常国会も閉会間近となった。7月5日に憲法改正の手続きを定める国民投票法改正案が、衆院憲法審査会で審議入りしたものの、与野党対立の影響もあり、審議は進んでいない。自民党は3月に行われた党大会で、憲法改正のたたき台素案として「改憲4項目」をまとめ、安倍首相は国会冒頭で他党に改憲案の提示を促したが、改憲への審議は進んでいない。今回は、憲法審査会幹事で自民党の根本匠衆議院議員をゲストに招き、政治ジャーナリストの細川珠生氏が、今国会での憲法改正を巡る審議について話を聞いた。

根本氏は「今回の通常国会は、いたずらに日を重ねた印象だ」と述べ、今国会で憲法に対する議論が進まなかったことは残念との考えを示した。特に国民投票法の改正については、商業施設への共通投票所の設置など、現行の公職選挙法に合わせる内容であり、異論は少ない。根本氏も、改正案提案理由の説明、審議、採決、と全工程を合わせても一日で済む類の法案だったと指摘した。根本氏は「国民投票法の改正については提案理由の説明だけで閉会を迎えそうだ。」と述べ、懸念を示した。

また、根本氏は「憲法改正について、日本では不幸な時代が続いた」と、憲法改正を巡る日本の在り方に疑問を投げ、憲法は時代に合わせて常に議論され、必要があれば改正されるべきだとの考えを示した。続けて根本氏は、「憲法制定後50年間は、憲法改正について改憲か護憲かだけの意見が対立するイデオロギー的な議論が進んできた」と述べ、憲法についての議論は不十分だったと指摘した。しかし、「この20年でそれが変わってきた」と、憲法調査会、憲法審査会の設置によって国会で憲法を議論する場が出来たことを大いに評価した。

また、日本国憲法は条文が少なく、かつ理念的・概括的・抽象的な条文が多く並ぶことから、かなりの部分を実定法に委ねている。その中で、地方分権改革、選挙制度改革、司法制度改革など、憲法を取り巻く実定法においては憲法改革が進んできたこの20年間の変化に対して、根本氏は肯定的な姿勢も示した。だからこそ、「憲法そのものを変えなければならない段階にきた」と述べ、憲法改正についての議論が不可欠だと強調した。

今回の国民投票法の改正案は現行の公職選挙法に合わせるに過ぎなく、他にも国民投票広報協議会の運営方法(メンバーや協議の頻度)や、国民投票実施の際の広報の仕方(CMの時間や回数)、さらに国民投票の選挙権が先月から18歳に引き下げになったことから18,19歳の少年法適用との兼ね合いについてなど、話し合うべき事案は山積している。細川氏はこの事実を指摘し、これらが審議されないことには国民投票の実現は遠いとの懸念を示した。また、「憲法に関する議論だから」とあらゆることに反対している野党の頑なな態度を強く問題視した。

これについて根本氏は、広報協議会についてはすぐに動くだろうとの見解は示したものの、やはり取り組むべき課題として与野党での議論の必要があることを強調した。

また、選挙違反があった場合の少年法との兼ね合いについて根本氏は、「人や政党を選ぶ通常の選挙には「選挙違反」があるが、国民投票では国民の自由な意思を表明させることが求められるものであるため、様々な運動についての縛りは少なく、それに伴う罰則が出てくる可能性も低い。したがって、公職選挙法の選挙権引き下げにおける少年法との兼ね合いについての問題は、国民投票ではほぼ無いだろう。」と根本氏は述べた。

細川氏は、「国会での議論が深まらない限り、国民は憲法改正について理解できないままだ」と指摘し、憲法について頑なな野党の行動は、国会での審議を通した国民への説明責任を果たしていないと厳しく非難した。

根本氏も、「国会議員を務めて長いが、今回の憲法審査会の運営はちょっと信じ難い。」と述べ、今国会での改憲議論の少なさを批判した。与野党を超えて政局にせず議論すべきであり、今後審議をどう進めていくか考えなければならない、と議論の必要性を訴えた。

さらに、「自民党が出した改憲4項目について野党は、『国民に理解されていない上、議論が不十分だ』と非難するばかりだが、国民に理解を求めるのなら審議が不可欠ではないか。」と、野党の発言と行動が矛盾していると批判した。

細川氏も、野党には今国会中の行動を大いに反省してもらいたいとしつつ、「なぜ憲法に関する審議が進まないのか、国民は正しい認識を持つべきだ」と述べ、国民が国会の実態を知ることが必要だとの考えを示した。根本氏は最後に、「国会での審議を進めるために大事なのは、与党の度量と野党の良識だ。」と締めくくった。

(この記事はラジオ日本「細川珠生のモーニングトーク」2018年7月14日放送の要約です)

 

「細川珠生のモーニングトーク」

ラジオ日本 毎週土曜日午前7時05分~7時20分

ラジオ日本HP http://www.jorf.co.jp/index.php

細川珠生公式HP http://hosokawatamao.com/

細川珠生ブログ  http://tamao-hosokawa.kireiblog.excite.co.jp/

トップ画像:根本匠衆議院議員(左)、細川珠生氏 ©Japan In-depth編集部

Pocket

この記事を書いた人
細川珠生政治ジャーナリスト

1991年聖心女子大学卒。米・ペパーダイン大学政治学部留学。1995年「娘のいいぶん~ガンコ親父にうまく育てられる法」で第15回日本文芸大賞女流文学新人賞受賞。「細川珠生のモーニングトーク」(ラジオ日本、毎土7時5分)は現在放送20年目。2004年~2011年まで品川区教育委員。文部科学省、国土交通省、警察庁等の審議会等委員を歴任。星槎大学非常勤講師(現代政治論)。著書「自治体の挑戦」他多数。日本舞踊岩井流師範。熊本藩主・細川家の末裔。カトリック信者で洗礼名はガラシャ。政治評論家・故・細川隆一郎は父、故・細川隆元は大叔父。

細川珠生

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."