.国際  投稿日:2018/12/27

2018年「国際秩序の風化」進行中


宮家邦彦(立命館大学 客員教授・外交政策研究所代表)

「宮家邦彦の外交・安保カレンダー 2018 #52」

2018年12月24-31日

【まとめ】

・2018年は世界中で進んでいた「国際秩序の風化」が顕在化。

「非核化」進展がないまま、南北関係だけ「進展」

トランプ「中東での戦争に利益無し、中国に集中すべし」との戦略的判断か。

 

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されないことがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttps://japan-indepth.jp/?p=43371でお読みください。】

 

今年最後となる本原稿を早朝の福島県いわき市で書いている。2018年のクリスマスは東京電力の福島第一原子力発電所の見学だ。これから「廃炉資料館」を経て発電所に向かい、多核種除去施設、タンク、サブドレンピット、地下水バイパス、遮水壁、原子炉建屋、廃棄物保管エリアなどを見せてもらうことになっている。

東日本大震災の記憶は今でも鮮明だが、諸外国では「フクシマ」というだけでまだ誤解や偏見が残っているらしい。その実態はどうなのか、何が達成され、如何なるチャレンジが残っているのか。これらを実際にこの目で見たいと思っていた。今回の結果は今週木曜日のジャパンタイムスのコラムに書く予定なので、ご一読願いたい。

▲写真 福島第一原発(2011) 出典:Wikimedia Commons

それにしても2018年は散々な年だった。東アジア方面では、元旦から北朝鮮に振り回され、こともあろうに米国大統領がそれに便乗し、首脳会談こそ開かれたが、「非核化」に進展がないまま、南北関係だけが「進展」するというお粗末だ。挙句の果てが、米中関係や日韓関係の険悪化だが、これらについても出口は全く見えない。

中東はどうか。元々状況は良くなかったが、サウジ人ジャーナリスト殺害事件が起きて以来、中東地域、特に一部のアラブ諸国が如何に国際的常識とは異なる行動原理で動いているかを思い知らされた。永年この地域を見て少々のことでは動じないつもりだったが、40年経ってもこの地域の政治家たちにはやはり驚かされる。

▲写真 ジャマル・カショギ(2011) 出典:Alfagih at Arabic Wikipedia

しかし、その中東の煮ても焼いてもの連中を驚かし続けているのがトランプ氏だ。極め付けは「シリアからの米軍撤退」で、トルコ大統領との電話会談の最中に飛び出したらしい。これでは外交安保問題を担当する閣僚・補佐官のなり手がいなくなるのではないか。この大統領の下で責任をもって政策を実施することが難しいからだ。

もう一つ気になるのは欧州情勢である。今年一年、欧州方面ではロシア「帝国の逆襲」、東欧の「先祖返り」、西欧での「ダークサイドの覚醒」が極まったのではなかろうか。ここでも暗躍するのがトルコで、あまり知られていないが、トルコストリームと呼ばれるロシア・トルコ間のガスパイプラインが欧州を引っ掻き回しそうだ。

総じて、2018年は世界中で、これまで音もなく静かに進んでいた従来の「国際秩序の風化」がついに顕在化し、今や音を立てて変化し始めたような気がする。こうした状況の結末は何なのだろう。過去一年間のご愛読に感謝するとともに、来年もこのテーマで外交安保カレンダーを書き続けていきたい。皆さま良いお年を!

 

〇 東アジア・大洋州

12月20日、韓国海軍艦艇が海上自衛隊P1哨戒機に火器管制レーダーを照射したとされる問題が発生した。韓国側は同国艦艇が遭難した北朝鮮漁船を捜索中、接近していた日本の哨戒機に向けて映像撮影用光学カメラを使用したと主張しているそうだが、これを額面通り受け止める日本側関係者は少ない。

光学カメラを使う際は追跡レーダーも作動させるが、哨戒機にビームは照射しなかったという。射撃統制レーダーは遠距離にある海上の物体をより正確に識別できる。韓国海軍によれば、当時射撃統制レーダーは対空用ではなく、対艦用のモードで運用していたそうだ。お粗末な誤解に終われば良いのだが。

 

〇 欧州・ロシア

英国のEU離脱問題が迷走している。英国の女性首相は一部で、サッチャー氏ほど「鉄の女」ではない、などと批判されているようだが、それはちょっと可哀そうだ。メイ首相が引き継いだ英国は1980年代の冷戦真っ最中の英国ではない。むしろ、あの英国ですら混乱するようになった欧州を心配すべきではなかろうか。

▲写真 2017年6月9日、総選挙の結果を受けてダウニング街10番地前で演説をするメイ英首相、 右の人物は夫のフィリップ 出典:Wikipedia

 

〇 中東・アフリカ

〇 南北アメリカ

今週のハイライトは米国防長官の解任である。「そして誰もいなくなった」という言葉が相応しいトランプ政権の惨状だ。直接の引き金はシリアからの米軍撤退という大統領の衝動的、直感的決断だったといわれるが、本当にそうなのか。「大失敗で悲惨な結果を生む」と批判されているが、筆者の見立てはちょっと違う。

▲写真 2017年2月3日、総理大臣官邸にて内閣総理大臣安倍晋三(右)と 出典:Wikipedia

外電によれば、トランプ氏は23日、ツイッターでトルコのエルドアン大統領がシリアに残留するイスラム国(IS)の戦闘員を一掃すると断言した」と投稿したが、トルコが一掃したいのはこれまで米軍が支援してきたクルド系勢力であることは明らかだ。一見、米国の裏切りにも思えるが実態はどうだろう。

トランプ氏がシリアの状況を理解せず、内政的本能丸出しで、決断したというのは簡単だし、そうした指摘が誤っているとは思わない。他方、彼のこの決断が、「中東での戦争に利益はなく、米国は中国というより重要な対象に集中すべし」という戦略的判断に沿っているのだとしたら、それはそれで、一つの判断ではないかと思う。

 

〇 インド亜大陸

特記事項はない。本年はこのくらいにしておこう。いつものとおり、この続きはキヤノングローバル戦略研究所のウェブサイトに掲載する。

トップ画像:金正恩委員長とドナルド・トランプ米大統領 出典:Twitter Assistant to President Dan Scavino Jr.


この記事を書いた人
宮家邦彦立命館大学 客員教授/外交政策研究所代表

1978年東大法卒、外務省入省。カイロ、バグダッド、ワシントン、北京にて大使館勤務。本省では、外務大臣秘書官、中東第二課長、中東第一課長、日米安保条約課長、中東局参事官などを歴任。

2005年退職。株式会社エー、オー、アイ代表取締役社長に就任。同時にAOI外交政策研究所(現・株式会社外交政策研究所)を設立。

2006年立命館大学客員教授。

2006-2007年安倍内閣「公邸連絡調整官」として首相夫人を補佐。

2009年4月よりキヤノングローバル戦略研究所研究主幹(外交安保)

言語:英語、中国語、アラビア語。

特技:サックス、ベースギター。

趣味:バンド活動。

各種メディアで評論活動。

宮家邦彦

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."