.社会,スポーツ  投稿日:2016/1/29

ウェディングプランナーになった男(上)~プロ野球選手のセカンドキャリア その4~

12633004_880664818721146_1672364069_o
Pocket

神津伸子(ジャーナリスト・元産経新聞記者)

ウェディングプランナー。

その元プロ野球選手だった青年が、戦力外通告を球団から受けて、選んだ仕事だった。はた目からは、異色としか見えない転身。しかし、らしいと言えば、人に幸せを届けるこのビジネス、天真爛漫な生山裕人(30)にはぴったりだった。ユニフォームより、白シャツに蝶ネクタイが、むしろ似合うと思うのは、気のせいだろうか―。

戸惑いの日々

一言にウェディングプランナーと言っても、どのような仕事か、野球だけをして来た生山には、イメージできなかった。しかし、世話になったコーチからの紹介でもあったし、仕事としても
「それでも、人を幸せにすることが好きだから向いていると思った」

ところが、土日も休みが無く、平日も終電まで働き続けることも珍しくなく、友人と会う時間もなかった。
ウェディングドレスの販売、式場のセッティングなど、披露宴に、それまで一度も出たことがなかった。それでも若いカップルの笑顔を輝かすために、必死に働いた。初めての接客、電話対応、ビジネスパソコン、式場情報の暗記など、苦痛過ぎて、就職3か月で上司に仕事を辞めたいと直訴。引き止められた。そんな事を何回も繰り返しながら1年が経過。ウェディングプランナー・生山裕人が誕生していた。

野球人生を終えたあの日、他の世界に人脈も何もなかった。

スポーツ関連企業へ就職するという「当たり前のことがしたくなかった。最初に、スポーツ関連に行ってしまうと、他の世界へ踏み出せなくなってしまうと考えたから。一度、チャレンジしてみて、駄目なら、また方向転換すれば良いと思っていました」

結婚のプランニングする仕事も2、3年目に入った。
客に覚えてもらうために、自分を特徴づけるために工夫も重ねた。そんな一つが、蝶ネクタイを身に着ける事だった。また元プロ野球選手というキャリアが武器になり、どんどん世界が広がっていった。

12583996_878378245616470_725143259_n (002)

教師を目指した青春時代

生山は、2008年10月30日のドラフト会議で千葉ロッテマリーンズから、育成選手枠で指名された。2009年は二軍で2試合の出場にとどまったが、年々出場機会をふやし、2012年は87試合に出場した。が、支配下登録(注1)されることは、なかった。

実は高校時代は、教師を目指していた。

大阪府内随一の進学校、府立天王寺高等学校時代。所属していた野球部の練習は、2日に1回しかグラウンドが使えなかった。校庭はサッカー部とフィールドホッケー部と共用していたためだ。この時は、まさかプロ野球選手を目指すなどとは、微塵も思わず、地道に教師を目指していた。しかし、大阪教育大学を現役で、そして、一浪しても不合格となってしまった。

近畿大学文芸学部芸術学部演劇芸能専攻演技コースに進学。180度方向転換、もう1つの夢であった芸人になる道を選択した。が、授業で、
「あなた、水になりなさい」
「えっ…」
とんでもないところに来てしまったと、考えるようになっていた。

戸惑いながらも、浪人時代は休んでいた野球を再開。授業の関係で、硬式野球部も準硬式野球部も入部出来なかった。何とか潜り込んだのが二部の準硬式野球部だった。練習は週3回、夜間のみ。
が、この時期から野球にのめりこんでいった。八尾ベースボールクラブにも入団。
「足だけがクソ早くて」(生山)
50m走を斜めに走っても、5秒9という驚異的なタイムを記録していた。だが、
「野球への思いは日々強くなったが、プロ野球選手を目指せるのは本当に一部の人間で、自分には無理だと、プロへの気持ちも締め出そうと、独立プロリーグの受験を決意しました」

2007年に四国アイランドリーグ(現・四国アイランドリーグplus)の香川オリーブガイナーズに入団。2年間での出場試合数は公式戦の6割程度であったが、俊足を武器に、内外野を守った。
当時の月給は、10万円ぽっきりだった。
持ち味の”足”をアピールするため、守備位置からベンチまで、いつも全速力で走り、人気を博した。いつしか、プロのスカウトマンの目にもとまるようになり指名を受けた。

しかし、プロ生活4年目、練習を重ねても結果が出せず、2012年頃には、野球は生山にとって「ただ苦しいもの」に、変わってしまっていた。

同年10月7日付けで、戦力外通告を受けた。

(注1)支配下登録選手

プロ野球球団選手として各リーグに届けられ、公示された選手。

(【ウェディングプランナーになった男(下)】~プロ野球選手のセカンドキャリア その4~ に続く)

*写真1:ロッテに育成選手として指名を受けて、頑張っていたプロ野球選手時代。俊足が売りだった。©生山裕人
*写真2:自分を特徴づけるために、蝶ネクタイをトレードマークにした生山。©生山裕人
タグ神津伸子
Pocket

この記事を書いた人
神津伸子ジャーナリスト・元産経新聞記者

1983年慶應義塾大学文学部卒業。同年4月シャープ株式会社入社東京広報室勤務。1987年2月産経新聞社入社。多摩支局、社会部、文化部取材記者として活動。警視庁方面担当、遊軍、気象庁記者クラブ、演劇記者会などに所属。1994年にカナダ・トロントに移り住む。フリーランスとして独立。朝日新聞出版「AERA」にて「女子アイスホッケー・スマイルJAPAN」「CAP女子増殖中」「アイスホッケー日本女子ソチ五輪代表床亜矢可選手インタビュー」「SAYONARA国立競技場}」など取材・執筆

神津伸子

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."