2017総選挙ファクトチェックプロジェクト
政治  投稿日:2017/1/28

北方領土、元島民訪問手続き改善へ

IMG_0895
Pocket

「細川珠生のモーニングトーク」2017年1月28日放送

細川珠生(政治ジャーナリスト)

Japan In-depth 編集部

去年12月半ば、プーチン大統領が来日し、安倍総理と会談。北方領土問題や経済協力、そして平和条約の締結へ向けて2日間話し合われた。会談での合意を踏まえ、岸信夫外務副大臣は先日、モスクワを訪問。その岸氏をゲストに迎え、今後の日ロ関係について話を聞いた。

岸氏は訪露について、「日ロ首脳会談のフォローアップ」という位置づけで、「大変中身の濃い訪問をすることができた。」と述べた。岸氏は、ロシアの下院議員の中でも、対日議員グループに所属する17人の議員と議員同士の意見交換やモルグロフ外務次官との会談、また特に、経済分野の協力という分野についてはマントゥロフ産業商務大臣と会談を行い「経済分野でどのような協力関係を推進できるか、率直に意見交換」をしたという。プーチン大統領の訪日の結果を踏まえて今後の日ロ関係の進め方について幅広く協議をしたと述べた。

日ロ関係というのは戦後70年間、平和条約が存在しない状況だった。「それを安倍総理のもとで新しいアプローチでこの問題を解決していこうということ。」と岸氏は述べた。特に北方領土問題を考えると、以前住んでいた元島民にとっては故郷であるのに、「なかなか自由に往来することができない状況」とし、「それを人道的な見地からも早急に解決」していく構えだとした。

また、北方領土においての共同経済活動について、「ロシアはロシアの立場があるし、日本も日本で領土としての立場がある。そういうお互いの立場というものを尊重しながら、どういう枠組みでどういう形でやっていくことができるか。そこの大枠の部分を決めていかないといけない。」と岸氏は述べた。

8項目の経済協力プランについても、それをすべて通して信頼関係を調整していく、と述べると共に「平和条約とはいずれにしても両国の間の信頼関係の上に成り立っていると考えるべきものだから、そうした中から平和条約へと動きを醸成させていくというのが一つ重要なことだと思う。」として、まずは信頼関係を築くことが重要だとの考えを示した。

評価が分かれた先月の日ロ首脳会談だが、岸氏は「実際にそうしたステップ、プロセスが動き出したという意味で大きな一歩だったのではと思う。」と会談の成果を強調した。

細川氏は続けて、アメリカのトランプ氏の就任が日米関係にどう影響してくるかについて聞いた。岸氏は、「日米関係は我が国にとって最も重要な同盟関係であるし、日本外交の基軸という位置づけで今までやってきた。この意味においてアメリカのリーダー、または日本のリーダーが誰に変わろうとこの関係は変わらないと思う。」としたうえで、日米関係が「日本とアメリカが同じ認識に立っていくということが大変重要なこと。」とした。

そのためには、「やはり安倍総理とトランプ大統領との間の信頼関係もしっかりしたものに作っていかなければならないし、特に日米はリーダーシップだけでなくて国民同士の経済関係も含めた重層的な関係がある。そうした中でしっかりしたものをつくっていかなければならない。」とリーダー同士の個人的な関係以外での信頼構築の重要性を指摘した。

また、マティス国防長官も来月頭に来日する予定だ。細川氏は、「実務的な話が進んでいくのかと思う。」と述べ、日本側からどういったアプローチで進めていくのか聞いた。岸氏は、マティス国防長官の訪日は稲田防衛大臣との会談をはじめ、「さまざまな会談が予定されてくると思う。」とした上で、東アジア、特に日本周辺の安全保障環境が非常に厳しくなっている現状に対して、「まず認識を一つにするということ、それに対して防衛力をどのように保っていくか、しっかりとした体制を作っていくことが何より大切。」と述べた。

岸氏は、今日本は国際社会の中で信頼を得てきていて「同時に貢献も期待されている。」と考えている。「それに対して日本はどのように応えていくか。」という意味において、責任の重さを感じつつも、自身の仕事を「やりがいのある仕事」だと述べた。

(この記事はラジオ日本「細川珠生のモーニングトーク」2017年1月28日放送の要約です。ラジオ放送ネット視聴サービスRadikoにて放送後1週間は録音を聞くことが出来ます。)

「細川珠生のモーニングトーク」

ラジオ日本 毎週土曜日午前7時05分~7時20分

ラジオ日本HP http://www.jorf.co.jp/index.php
細川珠生公式HP http://www.cheering.net/tamao/#
細川珠生ブログ  http://tamao-hosokawa.kireiblog.excite.co.jp/

トップ画像:©Japan In-depth 編集部

Pocket

この記事を書いた人
細川珠生政治ジャーナリスト

1991年聖心女子大学卒。米・ペパーダイン大学政治学部留学。1995年「娘のいいぶん~ガンコ親父にうまく育てられる法」で第15回日本文芸大賞女流文学新人賞受賞。「細川珠生のモーニングトーク」(ラジオ日本、毎土7時5分)は現在放送20年目。2004年~2011年まで品川区教育委員。文部科学省、国土交通省、警察庁等の審議会等委員を歴任。星槎大学非常勤講師(現代政治論)。著書「自治体の挑戦」他多数。日本舞踊岩井流師範。熊本藩主・細川家の末裔。カトリック信者で洗礼名はガラシャ。政治評論家・故・細川隆一郎は父、故・細川隆元は大叔父。

細川珠生

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."