.政治  投稿日:2018/11/4

「女性活躍推進で地方創生」片山さつき地方創生相

Pocket

「細川珠生のモーニングトーク」2018年10月20日放送

細川珠生(政治ジャーナリスト)

Japan In-depth編集部(石田桃子)

【まとめ】

・地方創生と女性活躍の担当2分野を連携させて取り組む。

・消費増税、逆進性対策に万全を期す。

・地方・国共に女性議員が少ない、根底の問題を直視すべき。

 

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て見ることができません。その場合はJapan In-depthのサイトhttps://japan-indepth.jp/?p=42710でお読み下さい。】

 

今回のゲストは、自民党参議院議員片山さつき氏。第4次安倍改造内閣に入閣を果たした唯一の女性議員で、内閣府特命担当大臣を務める。内閣改造後の今後の政策について、地方創生女性活躍、消費増税に焦点を当て、政治ジャーナリストの細川珠生が話を聞いた。

まず細川氏は、片山氏が、内閣府特命担当大臣として担当する5分野(地方創生、規制改革、男女共同参画、女性活躍、まち・ひと・しごと創生)をどのように連携させていくのか聞いた。

片山氏は、安倍内閣初の女性地方創生担当大臣として「地方創生と女性活躍を結び付けていきたい」と述べた。増田元総務大臣の「消滅可能都市」発表を発端に、安倍内閣は地方創生を看板政策として掲げてきたが、東京への人口流入は増える一方だ。このうち多くを占める女性に対して地方での活躍を促すために、「地方で女性が生き生きと学び、将来自分の地域でやりたいと思う仕事とのマッチングができるような、きらりと光る大学づくり」に取り組んでいくと述べた。

次に細川氏は、消費税増税政策について、人口減少地域、高齢化地域に特に影響を与えることを指摘。地方創生とのバランスをどのようにとっていくのか、担当大臣としての考えを聞いた。

今月15日の臨時閣議において、安倍総理大臣は来年10月1日から消費税を10%に引き上げることを発表し、増税によって景気の落ち込みを引き起こさないよう指示した。片山氏は、経済が落ち込まないよう、地域の商店街や相対的に収入の少ない家庭に光を当て声を上げていくと述べた。

細川氏はさらに、国民の負担感を軽減するための還元政策について、税の仕組みが複雑化することと莫大な費用が掛かることを指摘した。

▲写真 経済財政運営と改革の基本方針2018~少子高齢化の克服による持続的な成長経路の実現~(骨太方針、平成30年6月15日閣議決定)主なポイント 出典:内閣府ウェブページ

それに対して片山氏は、「前回の増税とは異なり、対策に万全を期すことで、所得再分配効果や、増税前後の駆け込み需要とその反動を緩和することが期待できる」と述べた。ただし、対策の柱となる、中小小売業への2%のポイント還元セールを政府が財政的に支援する案において、対象者がクレジットカードなど使用者に限られている点については、「クレジットカード・デバイド」による逆進性が出ないように考慮すべき、とさらなる議論の必要性を主張した。

最後に細川氏は、日本の女性国会議員の割合が先進国で最低レベルであることに触れて、「女性の視点がもっと国政に反映されることが大切だ」と述べ、徹夜国会や早朝の部会など国会運営の在り方にも見直しが必要だと主張した。

これを受けて片山氏は、自民党の部会では対策が進められていることを紹介したうえで、女性国会議員以上に女性の地方議員が少ないことに言及した。「地方は国政への最大の人材供給源であり、地方における女性の政治参加を進めるべき」と述べ、そのためには「女性活躍を阻む日本社会の根底の問題を直視すべきだ」と述べた。

細川氏は、片山氏が女性ならではの視点で率直に意見し、女性活躍を推進することに期待を示し、対談を締めくくった。

(この記事はラジオ日本「細川珠生のモーニングトーク」2018年10月20日放送の要約です)

 

「細川珠生のモーニングトーク」

ラジオ日本 毎週土曜日午前7時05分~7時20分

ラジオ日本HP http://www.jorf.co.jp/index.php

細川珠生公式HP http://hosokawatamao.com/

細川珠生ブログ  http://tamao-hosokawa.kireiblog.excite.co.jp/

トップ画像:©Japan In-depth編集部

Pocket

この記事を書いた人
細川珠生政治ジャーナリスト

1991年聖心女子大学卒。米・ペパーダイン大学政治学部留学。1995年「娘のいいぶん~ガンコ親父にうまく育てられる法」で第15回日本文芸大賞女流文学新人賞受賞。「細川珠生のモーニングトーク」(ラジオ日本、毎土7時5分)は現在放送20年目。2004年~2011年まで品川区教育委員。文部科学省、国土交通省、警察庁等の審議会等委員を歴任。星槎大学非常勤講師(現代政治論)。著書「自治体の挑戦」他多数。日本舞踊岩井流師範。熊本藩主・細川家の末裔。カトリック信者で洗礼名はガラシャ。政治評論家・故・細川隆一郎は父、故・細川隆元は大叔父。

細川珠生

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."