朝鮮半島情勢ー金正恩の真の狙いとはー
.政治  投稿日:2019/6/24

「憲法、与党と議論したい」国民民主党選挙対策委員長岸本周平衆議院議員


「細川珠生のモーニングトーク」2019年6月22日放送

細川珠生(政治ジャーナリスト)

Japan In-depth編集部(大澤理央)

 

【まとめ】

・野党1人区の一本化はできたが、2人区・3人区では足並み揃わず。

・国民民主党は憲法について与党と議論する用意あり。

・国民民主党はセンターライト、発信力強化が急務。

 

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されないことがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttps://japan-indepth.jp/?p=46419でお読みください。】

 

今回は衆議院議員で国民民主党・選挙対策委員長の岸本周平氏を迎え、政治ジャーナリストの細川珠生が話を聞いた。

参議院選挙が来月に迫ってきた。細川氏は、野党共闘態勢が整いつつあることについて、野党がそれぞれの思惑を超えて共闘できたのはどのような経緯があったのか、と聞いた。これに対し岸本氏は「定義の問題だが、32ある1人区の一本化はできた。これを共闘というかどうかは選挙区ごとに温度差がある。」と述べた。

野党から2人出ると1人区は絶対自民党に勝てないので最低限1本化したという。3年前の参院選では1本化したことで11勝している。

一方、2人区、3人区における立憲民主党との関係について岸本氏は、「私たちは寛大な政党だからできるだけ引いた。公認候補を京都は降ろしたし、広島では無所属にしたりした。しかし、立憲は静岡で私たちの現職に候補者を当ててきたり、茨城ではもともと地元で固まっていた候補を党本部が差し替えてしまったりした。2人区、3人区での野党共闘はそう簡単ではない。」と述べた。そして、「希望の党ができて野党が分断され、野党第1党である立憲がまとめようという努力をしない影響はある。3人区くらいまでは調整しないと。」と述べ、立憲民主党の姿勢を批判した。

次に細川氏は、「統一候補といっても、政策を統一しないと野党が何を目指しているのか有権者にわかりにくいのではないか」と指摘した上で、どのような政策を掲げた選挙なのか、と聞いた。それに対し岸本氏は「『安倍政治にブレーキを踏む選挙』ということで統一している」とした上で、安倍政権の憲法改正案の是非や原発政策など、4項目で合意文書ができている、と述べた。

国民民主党の支持率が現在非常に厳しい状況になっていることについて、岸本氏は「国民民主党は去年5月7日にできた新党だが、エネルギー・外交安全保障は現実的で、与党と大きくは変わらない。でもLGBTなど心の問題はリベラルだ。それから大企業やお金持ちよりは中小零細企業、そこで働く人の格差を減らすというリベラル政権を目指していて、立憲は、エネルギー・外交安全保障についてはなんでも反対だ。我々は政策的に中道だから中途半端ということなのかもしれない。」と述べた。

▲写真   (C) Japan In-depth 編集部

また、支持率が上がらない理由として、「国民民主党は首都圏と大阪で現職がいない。選挙が始まれば、支持率、認知度は上がっていく。ダブル選の準備はしているのだが。」と述べ、大票田の東京、大阪などで現職議員がいない為に政党としての認知度が上がらないとの見方を示した。

続いて細川氏は憲法審査会に対する立憲民主党の頑なスタンスについて触れた上で、国民民主党は議論したかったのではないかと聞いた。それに対し、岸本氏は「我々は議論したい。法案も出している。まずは国民投票法。CMが青天井で、それはひどいから審議しましょうと言っている。また、安保法の時に解釈改憲されてしまったが、憲法9条の自衛権を限定するという改正案もあるはずである。与党とそのような議論をしたい。」と述べた。また憲法審査会の運用について、「交渉は野党第1党と与党でやることになっている。野党第2党は主張が通らない。歯がゆさは感じる。」と述べた。

国民民主党から立憲民主党に行く人に関してはどう思うかという質問に対し、岸本氏は「我々は改革中道政党で、センターライト的だというのが違うというのなら、それは出ていっていただいたほうがすっきりする。小選挙区で当選している人は立憲に行ったりはしない。」とした上で、選挙力の違いがあるのではないかと述べた。

最後に細川氏は「日本国民はセンターライト、つまり中道だけど左ではないという人が多いのではないか。それでも支持に繋がらないのはなぜか。」と聞いた。これに対し岸本氏は「我々の発信力が弱いのではないか。(個々の議員や候補者の発信力を)高めていく必要がある。」と述べた。

(この記事はラジオ日本「細川珠生のモーニングトーク」2019年6月22日放送の要約です)

 

「細川珠生のモーニングトーク」

ラジオ日本 毎週土曜日午前7時05分~7時20分

ラジオ日本HP http://www.jorf.co.jp/index.php

細川珠生公式HP http://hosokawatamao.com/

細川珠生ブログ http://tamao-hosokawa.kireiblog.excite.co.jp/

トップ写真:©Japan In-depth編集部


この記事を書いた人
細川珠生政治ジャーナリスト

1991年聖心女子大学卒。米・ペパーダイン大学政治学部留学。1995年「娘のいいぶん~ガンコ親父にうまく育てられる法」で第15回日本文芸大賞女流文学新人賞受賞。「細川珠生のモーニングトーク」(ラジオ日本、毎土7時5分)は現在放送20年目。2004年~2011年まで品川区教育委員。文部科学省、国土交通省、警察庁等の審議会等委員を歴任。星槎大学非常勤講師(現代政治論)。著書「自治体の挑戦」他多数。日本舞踊岩井流師範。熊本藩主・細川家の末裔。カトリック信者で洗礼名はガラシャ。政治評論家・故・細川隆一郎は父、故・細川隆元は大叔父。

細川珠生

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."