無料会員募集中
.国際  投稿日:2020/7/12

仏、マスク着用求め殺される


Ulala(ライター・ブロガー)

フランス Ulala の視点」

 【まとめ】

・仏、マスク着用を求めたバス運転手が乗客に暴行され死亡。

・バスの運転手は危険な職業。安全確保対策が不十分。

・内務大臣は安易な暴力事件を「仏社会の本質的な問題」と認識。

 

「なぜ、規則のマスクをするよういっただけで、彼が殺されなければいけなかったのか?」

そんな言葉でニュースは始まった。

フランスでマスク着用を巡り、痛ましい事件がおきたのである。7月5日、19時15分、その事件は起こった。バスの運転手フィリップ・モンギヨさん(59歳)がマスクを着用していない利用者数人にマスク着用を求めたところ、この利用者たちから暴行を受けたのだ。その後、モンギヨさんは病院に搬送されたものの、次の日には脳死と診断され、ついには回復することなく10日に亡くなった

 

■ 事件の概要

事件が起こった場所はフランス南西部バイヨンヌという小さな町だ。週末も終わろうとしていた日曜日の出来事であった。モンギヨさんは、その日、バスで帰ってきた18歳の自分の娘に仕事中に偶然であっている。そこで「これが今日の最後の仕事だよ。じゃあ後で」と声をかけて、いつものようにその日最後のルートを走り始めたのだ。しかしその時には、この仕事が今日どころか生涯で最後の仕事となり、その後、2度と生きて自宅に帰れなくなるとは夢にも思っていなかっただろう。あの時、娘さんにかけた言葉が家族への最後の言葉となったのだ。

バスと一言いってもモンギヨさんが運転していたバスは、従来の運転手の横にある乗車口から利用者が乗り込みお金を払うという小さなバスではない。トラムバスという、いわゆる路面電車をバスにしたような形態のバスだ。車両は2台連結されており全長18mで、全部で4カ所の乗り降り口がある。バイヨンヌ駅を過ぎたあと、後方の入り口から利用者が乗り込んできた。入口が多いため無銭乗車も多く、その時は後方まで行って乗車券をもっているかの確認をおこなっていた。しかしその時すでに、車内にはマスクをしていない3人の乗客が座っており、乗車券のチェックついでに、その3人にもマスクをするように注意をしたのだ。バイヨンヌがある地域は、フランスの中でも特に新型コロナウイルスの感染者が少なく無防備な人も多いが、フランス全体で公共交通機関内でのマスク着用が義務付けられているため、マスク着用を求めることは当然のことだ。

▲写真 バイヨンヌを走るトラムバス 出典:Twitter:@VilleDeBayonne

しかし、そのことに腹を立てた一人の乗客が、乗車券の確認を行っていたモンギヨさんに罵声を浴びせながら後方から殴りつけた。その拍子にモンギヨさんはバスから転落し、歩道に投げ出されたのだ。すぐには起き上がれなかった。そんなモンギヨさんを、マスクをしていなかった乗客二人が、頭部、上半身を集中的に蹴り続けたのだ。その後、暴行者は立ち去ったが、道端に置き去りにされたモンギヨさんは、救急隊が駆け付けた時にはすでに意識不明の状態であり、そのまますぐに緊急搬送され手術が行われ最善が尽くされたものの、翌日、脳死と判定されたのである。

 

■ 運転手の人柄とバスの運転手を脅かす危険

モンギヨさんは、バスの運転手として32年働いてきた人物だ。今回の事件は、あと一年足らずで定年退職することになっていた矢先の出来事でもあった。その日の朝は、奥さんと一緒に家の窓の掃除をしたり、キャンピングカーの写真をFacebookにあげ、バカンスに行くのを楽しみにしていた。夜、彼の帰りを待っていた奥さんは、夕食に大きなミックスサラダを用意して待っていた。食事のあとは浜辺で一緒にアイスクリームを食べようとも計画していたのだ。それが緊急で病院にいかなくてはいけなくなったときに状況は一変した。

30年一緒に働き、現在はすでに退職している元同僚のジョン=ピエール・マルタンさんはこう語る。「いつも彼が従業員約200人の毎年の食事会を企画していたんだ。ほんとうにいいやつだった。まだ信じられない。」同僚のドニ・ランベールさんも、こう続ける「彼は信念を持ち、人生のルールを持っている人だった。とても礼儀正しい人だったんだよ。」同僚たちは、口々に、モンギヨさんの身の上に起きたことを嘆き、この事件と同様なことが自分たちの身に起こるかもしれない現実について恐怖を感じた。

ランベールさんは、5年前に刺されそうになったこともあるといい、いかにバスの運転手が危険な仕事であるかを語る。バスの中でタバコを吸っていたのでバスから降りるよう求めたところ、ナイフを出してきたというのだ。冬よりも夏の期間の方がさらに危険度が高まる。組合によれば、この8日間で3件の運転手に対しての暴行事件があったそうだ。しかし、警察は何もしない。会社も安全策を講じない。同じバス会社で働く運転手たちは事件に抗議して、最低でもモンギヨさんの葬儀が終わるまでの乗務を拒否した。彼らは、現状では運転手の安全確保対策が不十分だとし、安全策の強化を強く求めたのだ。

 

■ 事件の容疑者たちは起訴されたが・・・

バスの運転手のモンギヨさんに暴行を働き、立ち去った4人は、防犯カメラにはっきりその姿が写っており、またその中の何人かはすでに警察に知られた存在であったためすぐに居場所が特定され逮捕された。そして犠牲者に暴行した疑いのある22歳と23歳の二人の男性たちは殺人未遂で水曜日に起訴され、残り二人の30代の男性たちも犯罪行為を阻止しなかった疑いで起訴されるに至った。

容疑者の起訴後、暴行されたモンギヨさんに敬意を表すために「白い行進」が行われた。その行進には各自白いTシャツをきた6000人もの人々が集まりモンギヨさんをしのんだのだ。また、同じくその日には、フランス各地の交通機関においても1分間の黙とうがささげられた。この日、モンギヨさんの家族らが、モンギヨさんの脳は99%機能していない状態であるが、それでもあと48時間は見守ることを伝えた。だが、その後も回復の兆候もなく、最終的には担当の医師との相談の上、家族が生命維持装置のスイッチを切ることに同意し、とうとうモンギヨさんは10日に旅立っていったのだ。

 

■ 今後のバスの運転手の安全のために

バイヨンヌの市長は「暴力的で野蛮な行為だ」として加害者への厳罰を求めた。また、ジェラルド・ダルマナン内務大臣は「このような凶悪で卑怯な行為は許してはいけない」と述べ、11日の土曜日にバイヨンヌに直接訪れ、街の治安を視察し、被害者の家族、公共交通機関の運転手や組合員と面会した。

▲写真 ジェラルド・ダルマナン内務大臣 出典:在日フランス大使館

フランスでは、この無抵抗であり、規則に従って自分の職務を遂行していただけにすぎないバスの運転手への暴力について、大きな怒りを感じている人が多く、現在は会社や地域だけの問題ではなくなっている。これは、フランス全体のバスの運転手の安全対策にも大きくかかわってくる問題なのだ。内務大臣は被害者家族との面会時に、フランス全土の運転手たちの安全のために、対策をこうじることを約束した。

現在、新型コロナウイルスの感染が広がっている中、事件の発端となったマスク着用も確かに重要なことではあるが、それ以前に、本当に重要なのは安易に暴力行為を起こさせない社会ベースだ。内務大臣は、今回の事件において、これは「フランス社会の本質的な問題」であるという認識をしめした。この本質を改善し、安易な暴力が行われない社会にフランスは変わっていかなくてはならないのだ。しかしながら、今後行われる対策が本当に効果があるかわからない。今はただ、いつの日かフランスでこのような野蛮な事件がおきない日が来ることを願うのみである。

 

-参考資料-

https://www.ouest-france.fr/faits-divers/agression/agression-d-un-chauffeur-de-bus-a-bayonne-le-parquet-demande-la-mise-en-examen-de-quatre-personnes-6898052

https://www.20minutes.fr/societe/2817619-20200708-chauffeur-bus-agresse-bayonne-philippe-monguillot-regles-comme-politesse-soir-juste-voulu-faire-respecter

https://www.20minutes.fr/societe/2817155-20200707-chauffeur-bus-violemment-agresse-bayonne-drame-inedit-particulierement-choquant-denonce-ministre-transports-jean-baptiste-djebbari

https://www.20minutes.fr/societe/2817619-20200708-chauffeur-bus-agresse-bayonne-philippe-monguillot-regles-comme-politesse-soir-juste-voulu-faire-respecter

https://www.rtl.fr/actu/justice-faits-divers/les-infos-de-18h-chauffeur-de-bus-agresse-a-bayonne-quel-est-le-profil-des-4-suspects-7800659711

https://rmc.bfmtv.com/emission/replay-radio-agression-du-chauffeur-de-bus-a-bayonne-que-faut-il-attendre-de-la-justice-le-debat-des-grandes-gueules-1945397.html

https://www.bfmtv.com/police-justice/le-chauffeur-de-bus-agresse-a-bayonne-est-mort_AN-202007100202.html

https://www.ladepeche.fr/2020/07/10/qui-etait-philippe-monguillot-le-chauffeur-de-bus-decede-a-bayonne-8974566.php

https://www.ouest-france.fr/nouvelle-aquitaine/bayonne-64100/gerald-darmanin-en-deplacement-a-bayonne-au-lendemain-de-la-mort-du-chauffeur-de-bus-6903286

トップ写真:殺害されたPhilippe Monguillot(フィリップ・モンギヨさん) 出典:facebook: @Philippe Monguillot


この記事を書いた人
Ulalaライター・ブロガー

日本では大手メーカーでエンジニアとして勤務後、フランスに渡り、パリでWEB関係でプログラマー、システム管理者として勤務。現在は二人の子育ての傍ら、ブログの運営、ライターとして活動中。ほとんど日本人がいない町で、フランス人社会にどっぷり入って生活している体験をふまえたフランスの生活、子育て、教育に関することを中心に書いてます。

Ulala

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."