セミナー
.社会  投稿日:2014/7/15

[為末大]<人間の能力も環境も運も均一ではない>努力だけではどうにもならない事があるからこそ必要な社会保障


為末大(スポーツコメンテーター・(株)R.project取締役)

執筆記事プロフィールWebsite

 

社会保障はなぜ必要なのか。

例えば人間の能力は均一で、環境にも差がなく、結果が運にも影響されないのであれば、社会保障は努力不足の人間に出しているという事になる。配られたカードはみんな一緒。そのチャンスを生かせなかったのはあなたのせい。

ところが現実には、人間の能力は均一ではなく、環境にも差があり、運不運に人生は影響される。本人の努力だけでは何ともならない事があると認めた上で社会保障が必要という事になる。人間の能力も環境も運も均一ではない。

アメリカにいた時、比較的この国は努力の領域を大きく評価しているなと感じた。だから人生はある程度自己責任で、病気になった人にも、予め自分で保険に入っていなかった、または健康に気を使っていなかったという理由で捉えがちだと感じた。

僕はもっと人生は自分の意志の及ばぬものに影響されていると考えている。そしてそもそもその意志すら生まれと他人にある程度影響される。だから社会保障は必要だと考えるし、仮に一生懸命挑んでうまくいかない人を責める気になれない。

「無知のベール」という考え方がある。それは一度自分が自分であるという事をベールで包み、さいころを振るように誰の人生を生きるかわからない状態にしてみるという事。誰の人生を生きるかわからない状態にしてみてから社会保障は考えるべきだと思う。

僕の妹は「為末」という名字で、中学・高校と6年間陸上を続けた。陸上の才能は残念ながら無かった。それでも練習して「為末」と呼ばれ皆が注目する中で組で後ろの方を全力疾走していた。僕は彼女に努力不足だと責めない社会の方がいい。

 

【あわせて読みたい】

 


copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."