.政治  投稿日:2014/6/3

[山田厚俊]<ASKA事件の余波>ASKA事件から政財官界の怪しい“接待人脈”の「パソナ疑惑」へ

yamada_JID_bnr-03
Pocket

山田厚俊(ジャーナリスト)

執筆記事プロフィールTwitterFacebookBlog

 

“ASKA事件”に端を発した人材派遣大手企業「パソナグループ」の南部靖之代表と政財官界の怪しい“接待人脈”は、その後も広がりを見せている。

複数のパソナ元幹部やパーティー出席者らの証言によって明らかになった現職官僚の出席者は、現在、国会で追及されている田村憲久厚労相のほか、実に8人に及ぶ。 その実名については、第一報を掲載した『サンデー毎日』誌上で今後、明らかにしていくつもりなので、乞うご期待。

しかし、この閣僚8人についてもう官邸サイドは把握済みだと、関係者は明かす。それを踏まえて、内閣改造に大きな影響があると言う。

「今国会終了後、7月にも改造人事を発表する予定でしたが、8月下旬から9月上旬にズレ込みそうです。というのも、南部氏主催のパーティーに出席した閣僚のほとんどを交替させる方針になりました。それによって、本来は3〜5人の小〜中規模改造のつもりだったのが、結構な大幅改造になりそうです」

パソナの直接の監督省庁となる厚労省の田村厚労相以外にも、関連事業の直結する省庁の大臣が含まれているため、今後も安倍政権はジワジワと追い詰められていくようで、官邸としては早く“危ない芽”は摘んでおきたい考えのようだ。

そして、“接待人脈”は政界だけにとどまらない。官僚については多くの省庁で事務次官から局長、課長クラスまで及んでいる。元事務次官で、官房副長官を務めた大物官僚を抱き込み、その人脈を駆使して毎週のように呼び集めたというのだ。 このパーティーの件が発覚した直後、ある省庁ではすぐさま「かん口令」が“発令”されたという。

「癒着と疑われても仕方のない案件があるからで、役所内部では戦々恐々としています」

もはや“ASKA事件”ではなく、“パソナ疑惑”として政界、官界が覆われている。

 

【あわせて読みたい】

タグ山田厚俊
Pocket

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."