無料会員募集中
.政治  投稿日:2020/3/25

令和の朝日新聞大研究7 御用達の朝日文化人の利用と溶解の展望


古森義久(ジャーナリスト・麗澤大学特別教授)

「古森義久の内外透視」

【まとめ】

・朝日御用達識者がトランプ支持者をナチス支持層と重ねる。

・異端へ暴走、メディアの道から逸脱、日本や世界の現実から離反。

・朝日新聞はすでにメルトダウン(溶解)が始まっている。

 

朝日新聞は自社のプロパガンダに社外の人材をも頻繁に利用する。

かつて朝日文化人という言葉があった。朝日新聞がよく起用する、いわゆる識者たちのことだった。学者、芸能人、政治活動家、ジャーナリストなど多彩の顔ぶれだったが、みな朝日新聞の独特の論調に大なり小なり同調する点が共通していた。

というより、朝日新聞が自社の特異な政治プロパガンダに賛成するような人物たちを探し、紙面に登場させて、自社の主張を明確に、ときにはもっと激しく、誇張する形で述べさせるという癒着メカニズムが存在するのだといえよう。

最近の実例では2019年8月22日朝刊の長文の論文記事だった。朝日新聞がトランプ大統領をほぼすべてにわたり非難するという立場は明確だが、この記事はトランプ支持者たちへの誹謗だった。

朝日新聞はそのトランプ支持者への悪口を自社の記者ではなく外部の学者に述べさせていた。しかも自社の主張ならばおそらくためらうだろう極端な非難だった。しかもその立脚する根拠というのがみえてこないのだ。

だから私は朝日文化人という古い言葉を思い出したのだ。朝日新聞御用達識者と呼びかえてもよい。要するに朝日新聞が主張したい言説、拡散したいプロパガンダを替わって、もっと激しく、もっとどぎつく述べてくれる人たちのことである。

今回の記事はオピニオン面の下段、「政治季評」というコラム欄に載った「トランプ氏を支持したのは『違い』を嫌う権威主義者」という見出しの論文だった。

筆者は早稲田大学教授の政治学者、豊永郁子氏だった。豊永氏はときおり朝日新聞に登場して、安倍政権やその官僚をナチス・ドイツに重ねて叩く論法を展開した実績がある。

 

今回のテーマはトランプ政権とその支持者だから、ワシントンでトランプ政権やアメリカの政治状況を取材している私にとっても関心は高かった。

豊永氏の主張は要するにトランプ大統領を支持する人はナチス・ドイツを支持した層と酷似する全体主義者たちだというのだった。

同論文では「権威主義者」という言葉がキ―だった。権威主義者Authoritarian とは文字通り権威主義Authoritarianism を信じる人を指す。権威主義というのは全体主義という意味でもあり、要するに非民主的な独裁主義をも指している。

▲写真 握手を求められるトランプ大統領(2019年3月9日)

出典: 米共和党 facebook

 

アメリカではトランプ大統領が登場したころ、反対派からよくこの言葉が浴びせられた。もちろん本人やトランプ支持派は頭から否定するネガティブなレッテル言葉だった。

豊永氏はこの権威主義についてトランプ氏がそうだというよりも同氏を支持したアメリカ国民が権威主義者だと大上段に断ずるのだった。その権威主義について以下のように書いていた。

 

 《アメリカにおける権威主義の研究は、ファシズムを支持した人々の心理的特徴を捉えようとした、ドイツ出身の社会学者アドルノらの1950年の著書を嚆矢とする。90年代に政治学者の間でリバイバルがあり、研究の蓄積が進んだ。そしてトランプ氏が共和党の大統領候補に選出された予備選挙の段階で、ある大学院生が発見する。『権威主義者たちがトランプを支持している!』》

 

以上の部分がこの豊永論文の主張の最大の論拠なのだ。

「ドイツのファシズム」といえば、当然、ヒトラーのナチス・ドイツである。その80年前のドイツのファシズムを支持した人々が権威主義者であり、いまアメリかでトランプ大統領を支持する人たちも同様の権威主義者だというのである。そしてその「例証」らしき記述は「ある大学院生が発見する」という叫び声の紹介だけなのだ。

なんと粗雑な「論文」だろう。朝日新聞記者が自分たちでこれを書かず、外部の朝日文化人に依存したこともなんとなく理解できるようだ。

ちなみに自分たちの嫌いな対象をナチス・ドイツにたとえるのは朝日新聞の伝統的な攻撃手法である。その対象とナチスの間にはツユほどの関連がなくても、証明された過去の悪の権化のイメージを現在の目前の敵に押しつけるのだ。この点では豊永氏は朝日の期待をきちんと体現していた。

豊永氏はいまのアメリカの権威主義についてはさらに次のように書いていた。

 《権威主義者は『一つであること、同じであること』を求める。『違い』を嫌い、多様性が苦手だ。強制的手段を用いてでも規律を全体に行き渡らせてくれる強いリーダーを好む》

要するにトランプ支持者というのは多様や違いを許さない独裁態勢を好む人たちということである。ナチスと似た態勢を求める人たちだと解釈するしかあるまい。だからトランプ大統領をヒトラーと同様の残酷な独裁者といいたいのだろう。

そんな人物を支持するアメリカ国民は非民主的な権威主義者だと断じているのだった。いまのアメリカは民主主義を否定する国家であり、無知で危険な国民の集りなのだという断定だともいえよう。

トランプという悪ありき、という大前提の上に組み立てられたプロパガンダ的主張とみなさざるをえない。朝日新聞のゆがんだトランプ像だともいえよう。少なくとも私が現地でみてきたここ4年ほどのアメリカの実態とは異なっている。

さて以上のように令和時代の朝日新聞はなお報道・言論機関としては異端の方向へとますます暴走していくようにみえる。その歩みは正常のマスメディア、ニュースメディアの道からのさらなる逸脱のようにみえる。その紙面は日本の現実、世界の現実からのさらなる離反だともいえる。

さて、そんな朝日新聞にどんな未来があるのか。

この問いの答えを考える私の頭にはまずメルトダウン(溶解)という言葉が走った。以上、報告してきた朝日新聞の現実はすでにその現象が始まったとも思えるのである。

(終わり。 。全7回)

**この連載は月刊雑誌WILLの2020年3月号に掲載された古森義久氏の「朝日新聞という病」という題の論文を一部、加筆、修正した記事です。

 

▲トップ画像:  旧朝日新聞東京本社跡地に立つ有楽町マリオン。朝日新聞が運営する有楽町朝日ホールが入る。(2010年3月 東京・有楽町)

出典:flickr; street viewer 2

 


この記事を書いた人
古森義久ジャーナリスト

産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授。1963年慶應大学卒、ワシントン大学留学、毎日新聞社会部、政治部、ベトナム、ワシントン両特派員、米国カーネギー国際平和財団上級研究員、産経新聞中国総局長、ワシントン支局長などを歴任。ベトナム報道でボーン国際記者賞、ライシャワー核持込発言報道で日本新聞協会賞、日米関係など報道で日本記者クラブ賞、著書「ベトナム報道1300日」で講談社ノンフィクション賞をそれぞれ受賞。著書は「危うし!日本の命運」「中・韓『反日ロビー』の実像」「トランプは中国の膨張を許さない!」など多数。

古森義久

copyright2014-"ABE,Inc. 2014 All rights reserved.No reproduction or republication without written permission."